「人生100年時代の生き方:初心者ガイド」

子育て

こんにちは、マーシーです。

「人生100年時代」について耳にしたことがありますか? これは我々が平均して100年以上生きるようになると予測される未来を指します。そのような長寿社会では、今までの人生の過ごし方が通用しないかもしれません。新しい働き方、学び方、休み方、そして人生の楽しみ方が求められています。

このブログでは、「人生100年時代の生き方」について解説していきます。長寿社会でどのように生きるべきか、またそれにどう対応していくべきかを、具体的なアイデアや視点と共にお伝えします。このテーマは新しく、挑戦的であり、多くの人が興味を持っていることでしょう。しかし、その一方で、まだまだ未知の領域も多いです。

初めてこのテーマに触れる方にもわかりやすく、またすでにこのテーマに詳しい方にも新しい視点を提供できるような内容になっています。無論、私自身も皆さんと共に学び、成長していきたいと思います。

我々がこれから向き合うであろう100年時代。一緒に新しい人生のデザインを考えてみませんか?それでは、始めていきましょう!

1.人生100年時代

1.1 人生100年時代とは?

「人生100年時代」という言葉は、人々の平均寿命が100年を超える現代社会を表す言葉です。この考え方が生まれたのは、医療技術の進歩や生活環境の改善により、人々が以前よりもずっと長生きするようになったからです。そのため、我々は今、生まれてから亡くなるまでの期間が、昔の人々よりもずっと長くなる可能性がある時代に生きていると言えます。

それでは、この「人生100年時代」がどのように我々の生活に影響を与えているか考えてみましょう。

まず、長生きすることは、自分の人生設計を見直す必要があります。つまり、キャリア、教育、家族、趣味など、人生のさまざまな側面について、より長い時間枠で考えることが必要になります。例えば、かつては一つの仕事を一生続けることが一般的でしたが、今では長寿が可能になったため、一生の中で複数のキャリアを持つことができます。

また、長寿社会では、年齢による制約も変わります。伝統的には、「何歳になったら結婚すべきだ」や「何歳になったら退職すべきだ」などといった年齢に基づく社会的な期待が存在していました。しかし、人生が100年続くという考え方が広まると、これらの「べき」が揺らぎ始め、より柔軟な生活設計が可能となります。

そして、人生100年時代は、個々人だけでなく、社会全体にも大きな影響を及ぼします。医療費の増加、社会保障制度の見直し、長期にわたる労働力の確保と活用など、新しい課題が山積しています。このため、政府や企業はこれらの課題に対応するための新たな政策や戦略を立案し実行する必要があります。

以上のように、「人生100年時代」とは、人々の寿命が伸びていることを指すだけでなく、それが私たちの生活と社会全体に与える影響をも含んだ概念です。

1.2 本『LIFESHIFT(ライフ・シフト)』の紹介

「LIFESHIFT(ライフ・シフト)」は、リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットが共著した本で、人生100年時代の考え方について詳しく説明しています。彼らの主張は、我々の人生がこれまでの3つのステージ、つまり「教育」→「仕事」→「退職」の流れから、より多くのステージを経験する「マルチステージライフ」へと変わるべきだ、というものです。

それをわかりやすく説明すると、今までの人生はだいたい以下のような流れでした:まず子供のころに学校で勉強して(これが「教育」のステージ)、大人になったら仕事をして(これが「仕事」のステージ)、そして年を取ったら仕事を辞めて退職する(これが「退職」のステージ)。つまり、一生を大きく3つの部分に分けることが一般的でした。

しかし、「LIFESHIFT(ライフ・シフト)」の著者たちは、これがもはや古い考え方だと主張します。彼らは、人生が長くなると、これまでの3つのステージだけでは十分ではないと指摘しています。その代わりに、彼らは「マルチステージライフ」を提唱しています。

「マルチステージライフ」とは何かというと、人生をたくさんの小さなステージに分けることです。例えば、一つのステージで学校を卒業した後、次のステージで働き、その後、新しい技術を学ぶために再び学校に戻るというような、より柔軟な人生の進行です。これにより、人々は一生の中でさまざまな経験をすることが可能になります。

つまり、「LIFESHIFT(ライフ・シフト)」では、人々がもっと長生きするようになった現代社会に合わせて、人生の進行を再考することを提案しています。

2.人生100年時代の生き方

2.1 「人生100年時代」を幸せな時代にするには

「人生100年時代」を幸せに生きるためのポイントを考えてみましょう。以下のような要素が大切です。

1.「自己成長とライフスキルの習得」:これは、自分自身を成長させていくための学びやスキルアップのことを意味します。たとえば、新しい知識を学ぶことや、新しい趣味を見つけることなどがこれに当たります。さらに、「ライフスキル」とは、生活を上手に過ごすための技術のことです。例えば、お金の管理や時間の使い方、ストレスの管理方法など、生活全般に役立つ技術のことを指します。

2.「健康と予防医療への投資」:これは、自分の体調を整えること、または病気にならないようにするための投資のことです。健康食品を摂ること、定期的な運動、定期的な医療チェックアップなどがこれに当たります。また、予防医療とは、病気になる前に健康を維持するための手段のことで、早期発見・早期治療を目指すことが大切です。

3.「社会とのつながりを保つ」:これは、家族や友人、地域社会などとの関係を維持し、コミュニケーションを取り続けることを意味します。人間関係は心の健康にとって大切であり、また、人生の長い間で多くの支えとなります。

この3つの要素は、100年という長い人生を幸せに生き抜くために大切なことです。自己成長とライフスキルを習得することで自分自身を高め、健康と予防医療への投資で体調を整え、そして社会とのつながりを保つことで心の健康を保つ。これらが揃えば、「人生100年時代」をより楽しく、充実したものにすることができます。

2.2 人生100年時代を生きるための働き方とは

「人生100年時代を生きるための働き方」というのは、自分の一生を通じてどのように働くべきかという新たな考え方です。これには次のような要素が含まれています。

1.「ライフステージに応じて柔軟にキャリアを構築する」: これは、自分の人生の状況に合わせて、働く方法や職種を変えていくことを意味します。たとえば、若い時はフルタイムで働き、子育てが忙しい時期はパートタイムにする、といった具体的な働き方の変更がこれにあたります。また、自分の興味や能力に応じて、一生の中で複数の異なる職種を経験することも含まれます。

2.「独自のスキルや能力を活かす」: これは、自分が得意とする特別なスキルや知識を仕事に活かすことです。たとえば、特殊な技術を持っている人はそれを活かした仕事を探す、特定の分野に深い知識を持っている人はその知識を活かす仕事をする、などです。これにより、自分だけのキャリアを築くことができます。

3.「ライフロングラーニング」: これは、一生を通じて新しいことを学び続けることです。新しい技術や知識がどんどん出てくる現代社会では、一度学んだことだけで一生を通じて働き続けることは難しくなってきています。そのため、自分のスキルを常にアップデートしていくために、新しい知識を学び続けることが重要です。

これらの要素を通じて、人生100年時代を生きるための働き方は、自分自身のライフステージや能力に合わせて柔軟に変化し、常に新しいことを学び続けるという特徴を持っています。これにより、長い人生を通じて自分自身の能力を最大限に活かし、充実した働き方を実現することが可能になります。

3.人生100年時代に向けた政府の取り組み

3.1 人生100年時代構想会議とは?

「人生100年時代構想会議」は、日本政府が主導して設けられた会議のことを指します。この会議の目的は、平均寿命が100年に近づいている現在の社会にどのように対応するか、それについて考え、議論する会議のことです。

この会議には、さまざまな分野の専門家が参加しています。それは教育者、経済学者、医療関係者、企業の経営者など多岐にわたります。彼らは各々の視点から問題を提起し、新しいアイデアを提案します。

主な議論の対象は次のようなものです:

1.「教育制度の見直し」:人々が長生きすると、一生を通じて学び続ける必要が出てきます。そのため、学校教育だけでなく、成人のための教育制度をどうするか、また、どのようなスキルや知識が必要なのかという点を議論します。

2.「働き方の変革」:同様に、一生を通じて働き続けるには、働き方も変えていく必要があります。それは定年制の見直しや仕事の仕方、労働時間などです。

3.「社会保障制度の改革」:老後の生活を保障するための制度、たとえば年金制度や医療制度、介護制度などをどう改革するかという点も大きな議論のテーマです。

この会議で出された意見や提言は、政策の形成に大きな影響を与えます。つまり、これらの議論が具体的な政策や法律となって、私たちの生活に反映されるわけです。そのため、この「人生100年時代構想会議」は、私たちがどのように長寿社会に対応していくかという大切な問題を考える場となっています。

3.2 厚生労働省における対応

「厚生労働省における対応」というのは、日本の厚生労働省が「人生100年時代」に向けて、働く人々や社会全体の支援を行っているということを指します。主に以下の二つの側面に注力しています。

1.「働き方改革」:これは、働く人々が健康で働き続けられるよう、また多様な働き方ができるような職場環境を作るための政策です。たとえば、長時間労働の問題を解決するための法律を制定したり、ワークライフバランスを重視した働き方を推奨したりします。また、子育てや介護と仕事を両立できるような支援策を提案し、それを実現するための法律を整備します。

2.「社会保障制度の改革」:これは、高齢者、障害者、子どもなど、社会的な支援が必要な人々が安心して生活できるような制度を作るための政策です。たとえば、年金制度の見直しや医療制度の改革などが含まれます。これにより、一人ひとりがそのライフステージに応じた適切な支援を受けられる社会を目指します。

これらの政策を通じて、厚生労働省は人々が自分らしい働き方や生活を送ることができる社会を作るための支援を行っています。それは、職場環境の改善から社会保障制度の見直しまで、幅広い範囲での取り組みを行っていることを意味します。これにより、「人生100年時代」に対応するためのさまざまな施策が推進されています。

4.人生100年時代の働き方

4.1 日本は健康寿命が世界一

「日本は健康寿命が世界一」というフレーズは、日本人が長く健康に生活できるということを表しています。ここで、重要な概念である「健康寿命」について説明しましょう。

健康寿命とは、人が自立して日常生活を送れる期間を指します。つまり、病気や身体の不自由さによって日常生活が困難になるまでの期間です。日本の平均健康寿命は世界一とされており、これは日本人が長期間、健康的に働いたり、自分のライフスタイルを維持できることを示しています。

そして、「従来の定年制を見直し、健康寿命に合わせて働き続けることが可能になります」という部分は、従来の「60歳または65歳で退職」という考え方を改め、健康な状態を維持している限り働き続けることを推奨するという意味です。

これは、健康寿命が伸びている現在の社会においては、もはや一定の年齢で全員が働くことをやめるというのは非効率的であり、また多くの人々が能力を持っていても働くチャンスを失う可能性があるからです。そのため、健康寿命に合わせて働けるような柔軟な働き方を提供することが、企業にとっても社会にとっても重要となっています。

4.2 人生100年時代の新しい働き方

「人生100年時代の新しい働き方」というフレーズは、今までの伝統的な働き方から脱却し、自分自身のスキルや知識を活かし、柔軟に仕事を進めることを提唱しています。ここでは、「パラレルキャリア」と「マルチスキル」という2つの新しい概念について詳しく説明します。

  1. 「パラレルキャリア」:これは、一つの仕事だけでなく、複数の仕事を同時に進めていく働き方を指します。例えば、本業の他に副業を持つ、または違う分野のプロジェクトに参加するなど、自分のスキルや興味を最大限に活用するための方法です。これにより、リスク分散やスキルの幅広い活用が可能になり、より柔軟なキャリア形成が可能になります。
  2. 「マルチスキル」:これは、一つの専門的なスキルだけでなく、さまざまなスキルを身につけて働くことを指します。例えば、エンジニアであると同時にマーケティングの知識も持つ、あるいはデザイナーでありながらプログラミングもできる、といったような働き方です。これにより、様々な業務に対応でき、自分自身のキャリアの可能性を広げることができます。

これらの概念は、「人生100年時代」において重要となる新しい働き方の形を示しています。これまでの一生涯一つの仕事を持つという伝統的なキャリアパスから離れ、自分自身のスキルや知識を活かし、さまざまな仕事を経験することで、自分だけのユニークなキャリアを築くことが推奨されています。

4.3 AIにエンパワーされた働き方

「AIにエンパワーされた働き方」というフレーズは、人工知能(AI)が働き方をどのように変え、また我々がAIとどのように共存していくべきかについて述べています。

AIは、機械学習やディープラーニングといった技術を用いて、人間が行っていた作業を自動化する能力があります。これは、例えばデータの分析や文書の作成、問い合わせへの自動応答(チャットボット)など、あらゆる業務に適用されています。

その一方で、AIは人間が持つ創造性や感情の理解といった能力には限界があります。それらは、人間だけが持つ特性で、AIが代替できない部分です。そのため、「AIと共存するためには、AIが苦手とする創造性や感情を理解する力を磨くことが重要です」という言葉は、AIの存在下で人間が価値を持ち続けるために、これらのスキルを強化することが重要だという意味です。

つまり、AIによって一部の作業が自動化されることで、私たちはより創造的な仕事や人間関係を深める仕事に集中することが必要になります。これは「AIにエンパワーされた働き方」を意味し、新たな技術を活用しながら、人間が持つユニークな能力を活かすことが求められる未来の働き方を示しています。

5.人生100年時代で求められる人材像

5.1 「社会人基礎力(=3つの能力・12の能力要素)」

「社会人基礎力」とは、働く上で必要となる基本的なスキルのことを指します。これは、以下の3つの能力とそれぞれに対応する12の能力要素から構成されています。

  1. コミュニケーション能力: 他人と効果的に情報をやり取りする能力です。以下の4つの要素が含まれます。
    • 聞く力:他人の話を注意深く聴き、理解する能力。
    • 話す力:自分の考えや意見を分かりやすく伝える能力。
    • 書く力:文章により自分の思考や意見を明確に伝える能力。
    • 読む力:書かれた情報を適切に理解する能力。
  2. 問題解決能力: 問題を認識し、解決策を見つけ出す能力です。以下の4つの要素が含まれます。
    • 分析力:情報を詳細に調査・分析し、問題の本質を見つけ出す能力。
    • 考える力:論理的に思考し、効果的な解決策を提案する能力。
    • 決断力:必要な情報を基に迅速かつ適切に判断を下す能力。
    • 実行力:計画を立て、それを実行に移す能力。
  3. 自己管理能力: 自分自身の行動を適切に管理・調整する能力です。以下の4つの要素が含まれます。
    • 計画力:時間を適切に管理し、効果的な計画を立てる能力。
    • 目標設定力:具体的な目標を設定し、それに向けて努力する能力。
    • モチベーション管理力:自己の動機付けを維持し、自己成長を促進する能力。
    • ストレス管理力:ストレスを適切に管理し、生産性を維持する能力。

これらの能力は、どのような職種や業種であっても求められる基本的なスキルであり、人生100年時代を生き抜くために必要となる力です。

5.2 職場で求められる能力は?

職場で求められる能力が変わりつつある、というのは、近年の社会やテクノロジーの変化により、従来とは異なるスキルが必要になってきているということを指します。特に以下のような能力が重視されています。

  1. 新しい情報を素早く吸収し、創造的な解決策を見つけ出せる力: これは、情報が増え続け、変化が早い現代社会において、自分の知識や経験だけに頼らず、新しい情報を活用して問題解決をする能力のことです。この能力は学習力や問題解決力、創造力などとも関連しています。新しい知識や技術を学ぶための柔軟性、それを用いて新たなアイデアを生み出す創造性、そしてそれを実際の問題解決に活用するための思考力が求められます。
  2. 他者と協力して仕事を進める力: これは、チームで働く能力、つまりコミュニケーション能力や協調性などを指します。仕事の複雑性やスピードが増す中で、一人で全てをこなすことは難しくなってきています。そこで、他の人々と効果的に協力し、互いの強みを活かして仕事を進める力が重要になっています。

これらの能力は、固定的な知識や技術よりも、変化する状況に適応し、新たな情報を吸収して活用する能力、そして他人と良好な関係を築き、共に目標に向かう能力に重点が置かれています。これは、未来の働き方が自己のスキルの向上と共に、他者との連携によるチームワークが重要視されることを示しています。

6.人生100年時代のライフスタイル

6.1 マルチステージ化する人生

「マルチステージ化する人生」は、人生がさまざまなステージで構成され、それぞれのステージで学び、働き、また学び直し、再び働くというサイクルが繰り返されるという考え方です。

これまでの伝統的な人生のステージは、大まかに分けて「学び(教育)」、「働き(労働)」、「休む(退職)」の3ステージで考えられてきました。しかし、人々が100年近く生きる時代になると、このシンプルな3ステージモデルはもはや適合しないと考えられています。

その理由は、一生にわたって同じ仕事を続けるのではなく、時には新たなスキルを学び直したり、異なる職種に転職したりする必要があるからです。また、長寿社会では、健康寿命も伸びるため、従来の定年後に一度休むだけではなく、働き続ける人も増えています。

したがって、人生は「学び、働き、学び直し、再び働く」など、ライフステージが複数回繰り返されるマルチステージのパターンを取ることが一般的になるでしょう。これは、自身の成長や変化、社会の変化に合わせて、自分のライフステージを自由に設計し直すことが可能になるということです。

6.2個人の持つ「無形の資産」を磨く

「無形の資産」とは、具体的に触れることができないけれど、個々の人にとって大きな価値を持つものを指します。具体的には、自分が持っている知識やスキル、人脈、経験などがこれにあたります。これらは物質的なものではありませんが、個人の生活やキャリアにおいては、物質的な財産と同じくらい、あるいはそれ以上に重要な価値を持つことがあります。

知識やスキルは、新しい仕事を始めるための基礎となったり、既存の仕事をより良く行うためのツールとなります。これらは一生涯にわたって学び続け、磨き続けることができる資産で、その資産は自分が行動を起こすたびに増えていきます。

人脈は、新しいチャンスや情報を得るための重要なリソースです。自分一人では知り得ない情報や、新しい機会を得るためには、さまざまな人々とのつながりが必要となるため、人脈も非常に重要な無形の資産となります。

これらの無形の資産を磨くことで、自身のキャリアや生活を自由に構築し、個人の可能性を最大限に引き出すことが可能になります。例えば、自分のスキルを向上させたり、新たな知識を習得したりすることで、自分のキャリアを自分自身の望む方向に進めることが可能になります。

6.3 現役世代に必要なのは「独自のスキル」

「現役世代に必要なのは「独自のスキル」」という表現は、これからの長寿社会で、自分だけの特別な能力や知識を持つことがとても重要だという意味を示しています。

それぞれの人が自分だけの「独自のスキル」を持つことは、自分自身を差別化し、競争力を持つためのキーとなります。これは、自分だけができる特別なこと、または他の人よりも優れている能力のことを指します。例えば、特定のプログラミング言語について深い知識を持っている、語学力が非常に高い、特定の分野の専門家であるなどがあります。

このようなスキルを持つことは、あなた自身の市場価値を高め、就職や転職の際にも有利に働きます。また、それらのスキルを活かして社会に貢献できると、自己実現の感覚を得られ、自身の生活の質を向上させることも可能です。

そして、ここで重要なのが「自己をアップデートし続けること」です。これは、自分のスキルや知識を常に新鮮に保ち、時代の変化や新しい技術に対応できるように、絶えず学び続けることを意味します。つまり、一度学んだことで満足せず、新しい情報やスキルの習得に努め、自身の成長を止めないことが求められるのです。

これからの人生100年時代では、このような独自のスキルを持つことが、自身のキャリアを長期間にわたって維持し、生活の質を維持するための重要な要素となります。

7.まとめ

7.1 人生100年時代はすでにスタートしている

「人生100年時代はすでにスタートしている」という表現は、現代社会が急速に変化し、人々が長寿を迎えることが一般的になってきている現状を指しています。私たちは、もはや古い「学び・働き・休む」の3ステージの人生モデルから離れ、新たなパラダイムに適応する必要があります。

この新しい時代は、人々が自分自身の人生を「デザイン」する時代とも言えます。これは、人々が自分自身のキャリアや人生の道筋を自由に計画し、それを実行できるような時代を意味します。自分の仕事、教育、レジャーの時間、家族との時間など、人生の全ての側面を自分で設計し、それに適応することが求められます。

「3ステージの人生」が破綻することを前提に、という部分は、私たちは従来の「学び・働き・休む」の順序で進む人生から、よりフレキシブルなステージを経験する人生への移行を意識する必要があるという意味です。これは、長寿化に伴い、私たちは一生を通じて何度も新たな学びを求め、キャリアの転換を経験するかもしれないという事実を受け入れることを意味します。

そして、人生100年時代を生き抜くためには、自己啓発と柔軟性が必要だと述べています。自己啓発は、自分自身のスキルや知識を維持し、改善し、新たなものを学び続けるプロセスを指します。一方、柔軟性は、新しい情報や状況に対応し、それに適応する能力を指します。これらは、長寿社会で成功するための重要な能力と言えます。

最後に、これからもこのテーマについて学び続け、自身の人生設計に役立てるよう呼びかけています。これは、私たち自身が自己啓発を続け、情報を取り入れ、自分自身の生活やキャリアをどのように進めるかを意識的に考え続けることが必要だと示しています。

タイトルとURLをコピーしました