「全世界の株式を手に!eMAXISSlim全世界株式入門ガイド」

資産運用

こんにちは、マーシーです。

今回は「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」についてです。なんだか難しそうな名前ですが、一緒に学んでいくと、その魅力と可能性が見えてくるはずです。

投資というと、どこか遠い世界の話のように思えるかもしれません。しかし、私たちの生活を豊かにするための重要なツールの一つです。そして今、全世界の株式市場に投資を行うことが可能な投資信託、それが「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」です。この投資信託を活用することで、初心者の方でも簡単に世界中の企業への投資を始めることができます。

この記事では、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」とは何か、どのような特徴があるのかについて解説します。また、どの証券会社で購入すると良いのかについても触れていきたいと思います。

それでは早速、一緒に「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」の世界を探求していきましょう。

それぞれの投資ライフにとって、新たな一歩となることを願っています。

第1章:基本情報

1.1 eMAXISSlimシリーズについて

まず、eMAXISSlimシリーズについて紐解いていきましょう。投資と聞くと、難しそう、または専門的な知識が必要なように思えるかもしれません。しかし、eMAXISSlimシリーズを理解することで、投資が一般の人々でも手軽にできるものであることをご理解いただけるでしょう。

投資信託とは

まずは、投資信託とは何か、その基本的な理解から始めましょう。投資信託とは、投資家から集めたお金をプロの運用者が株式や債券などに投資し、その運用成果を投資家に分配する商品のことを指します。個々の投資家が直接株式や債券を買う代わりに、投資信託を通じて資産を運用します。

eMAXISSlimシリーズとは

eMAXISSlimシリーズとは、三菱UFJ国際投信が提供する投資信託の一つです。これは、特定の市場指数の動きになるべく近づくように投資を行う、いわゆるインデックスファンドの一つです

なぜeMAXISSlimシリーズが特殊なのか

eMAXISSlimシリーズが投資家に人気な理由は、その「手数料(経費率)」が非常に低いからです。投資信託には、運用会社が運用や管理にかかる経費として投資家から収取する手数料が存在します。この手数料は、投資のリターン(収益)から差し引かれるため、手数料が高いと投資家の実質的なリターンが減少します。逆に、手数料が低ければ低いほど、投資家のリターンをより多く確保することが可能です。

eMAXISSlimシリーズは、その経費率(手数料)が非常に低いことで知られています。つまり、投資家が投資で得るリターンを手数料があまり食いつぶさないのです。このため、長期的な視点で見ると、eMAXISSlimシリーズは他の投資信託と比較して高いリターンを期待することができると言えるでしょう。

このように、eMAXISSlimシリーズはその低コストの特性により、初めて投資を始める人々から、長期的な資産形成を目指す人々まで幅広い投資家に選ばれています。

1.2 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)の基本情報

ここでは、具体的な商品名「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」について詳しく解説していきます。この商品がどのようなものなのか、その特徴と構成について理解しましょう。

「全世界株式(オール・カントリー)」とは?

まず、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)の名前から解析してみましょう。ここでの「全世界株式(オール・カントリー)」とは、その名前が示す通り、全世界の株式市場に投資することを目指す商品です。この場合の「全世界」とは、先進国だけでなく新興国も含まれるという意味です。

このファンドは、世界約50カ国の株式に投資することで、広範な地域分散を図っています。これにより、特定の国や地域に投資リスクが集中することを避け、世界経済全体の動きを取り込むことが可能になります。

「MSCIオールカントリーワールドインデックス」と連動する事を目指す

eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は、MSCIオールカントリーワールドインデックスに連動するリターンを目指すインデックスファンドです。この「MSCIオールカントリーワールドインデックス」とは、全世界の株式市場を代表する指数の一つで、約50カ国の株式市場の動きを反映しています。

比喩的に表現すると、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は、この指数を「地図」とし、その地図に従って全世界の株式市場を「旅」する船のようなものです。この船(eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー))の目標は、地図(MSCIオールカントリーワールドインデックス)が示すルートに可能な限り忠実に従い、そのルートが通る各地(全世界の株式市場)の景色(リターン)を旅人(投資家)に提供することです。

このように、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は、全世界の株式市場に広く分散投資を行い、多様なリスクを分散しつつ、世界経済全体の成長を享受することを目指した投資商品です。そのため、ひとつの商品で全世界の株式市場への投資を実現することができます。

第2章:オール・カントリーのメリットとは

2.1 投資する4つのメリット

ここでは「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」に特化した4つのメリットを詳しく説明していきます。

1. 全世界の株式に投資することで地域リスクを分散

まず一つ目は、全世界の株式に投資することで地域リスクを分散できる点です。これは、投資先が一地域に偏ると、その地域に起こる経済的なトラブルによりリスクが高まるという問題を避けることができます。例えば、ある国で政治的な混乱や自然災害が起きた場合、その国の株式市場は大きな打撃を受けるかもしれません。しかし、投資先を全世界に広げておけば、一部の地域に問題が起きても他の地域で収益を上げることが可能になり、その影響を緩和することができます。

2. 先進国と新興国の両方の成長を享受

二つ目のメリットは、先進国だけでなく新興国の成長も享受できるという点です。先進国の株式は安定した成長が見込まれますが、一方で新興国の株式は大きな成長の可能性を秘めています。eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)では、この両方の魅力をバランスよく取り入れることができます。

3. 経費率が非常に低く、長期投資に適している

三つ目のメリットは、経費率が非常に低いという点です。これは長期投資に適しています。なぜなら、経費率が低いということは、長期間にわたって積み重ねる投資コストを抑えられるからです。経費率が1%でも0.1%でも、短期間では大きな差にはなりませんが、10年、20年と長期にわたるとその差は大きな額になります。低い経費率は、長期の資産形成には大きな強みとなります。

4. 一つの商品で全世界株式市場に投資できる

最後のメリットは、一つの商品で全世界株式市場に投資できるという点です。通常、多種多様な市場や銘柄に投資するためには、それぞれの銘柄を個別に購入したり、それぞれの地域に特化した投資信託を組み合わせるなど、複雑な作業が必要です。しかし、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)なら、一つの商品で手軽に全世界の株式市場への投資が可能になります。これは、投資初心者でもポートフォリオを簡単に作成することができ、投資を始めやすいというメリットがあります。

以上の4つのメリットが、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」投資の魅力と言えるでしょう。投資は自己責任ですが、これらの特徴を理解して適切な投資判断をすることが重要です。

2.2 投信ブロガーが選ぶ!FundoftheYear2020第1位!とは?

投資信託ブログやSNSでは、投資家たちが自分の投資経験や知識を共有し、お互いに学び合う場となっています。その中で、信頼性と影響力を持つ投信ブロガーたちが年に一度選ぶ「Fund of the Year」があります。その2022年度の第1位に輝いたのが、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」なのです。

しかも「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」は今回で4年連続の1位です。

「Fund of the Year」は、投信ブロガーたちがその年に最も推奨できる投資信託を選ぶものです。eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)が選ばれたことは、その高い評価を示すものと言えます。

これは、この投信の優れたポテンシャルを証明するものと言えるでしょう。

2.3 世界の経済成長と時間を味方に!長期・分散・積立投資の意義

オール・カントリーへの投資は、長期・分散・積立投資の3つの大切な要素を具体化しています。これらを理解することで、なぜeMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)が多くの投資家に選ばれているのかがより明確になるでしょう。

  1. 長期投資一般的に、株式投資は短期間での大きな利益を目指すものではなく、長期的な視点でアプローチするのが理想とされています。なぜなら、株価は短期間では大きな変動がありますが、長期的には世界経済の成長とともに上昇する傾向があるからです。そのため、長期間保有することで短期的な株価変動のリスクを軽減し、世界経済の成長を享受することが可能になります。
  2. 分散投資すべてのお金を一つの企業や一つの国に投資するのではなく、さまざまな企業や国に投資を分散させることで、リスクを減らすことができます。もし一つの企業や国で問題が起きたとしても、他の企業や国で利益を上げることができれば、全体の損失を抑えることができます。eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は約50カ国の株式に投資することで、この分散投資を実現しています。
  3. 積立投資積立投資は、一定の金額を定期的に投資する手法で、投資額を分散させる効果があります。株価が高い時は少ない株を、低い時は多くの株を買うことになり、平均的なコストで投資できます。これを「ドルコスト平均法」と呼びます。

この3つの要素を踏まえて投資を行うことで、時間と世界経済の成長を最大限に活用し、資産形成を行うことができます。その具現化としてeMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は高く評価されています。

第3章:オール・カントリーと米国株式の比較

3.1 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)と米国株式(S&P500)の違い

ここでは比較されることがよくある、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)と米国株式(S&P500)の主な違いについて解説します。

1. 投資対象の範囲

まず一つ目は、投資対象の範囲です。オール・カントリーという名前の通り、eMAXISSlim全世界株式は全世界の株式市場を対象としています。これに対し、S&P500はアメリカの大型株を中心とした500社の株式に投資します。

この違いは、投資先の地理的な分散度合いに直接影響します。全世界株式をカバーしているオール・カントリーは、各国や地域の経済状況の影響をより広範囲に分散させることができます。逆にS&P500はアメリカ市場に集中していますので、アメリカ経済の動向により影響を受けやすいです。

2. 成長の見込み

二つ目は、それぞれの投資先の成長の見込みについてです。オール・カントリーは全世界の株式に投資するため、全世界の経済成長に連動したリターンを見込むことができます。これに対し、S&P500はアメリカの大型株500社のみに投資するため、リターンは主にアメリカ経済の成長に直結します。

この点からも、投資家がどのようなリスクやリターンを追求したいか、また、どの程度地域に依存したリスクを取りたいかによって、どちらを選ぶべきかが決まるでしょう。

3. その他の特性

さらに、それぞれの投資先には特有の特性もあります。例えば、S&P500に含まれる企業は主にテクノロジー企業が多いため、テクノロジーセクターの成長に大きく依存します。対して、オール・カントリーは各国の主要な株式を含むため、様々な業種の成長をバランスよく取り込むことが可能です。

以上のような違いを理解することで、投資家は自身の投資目的やリスク許容度に合わせて、どちらの商品を選ぶかを考えることができます。投資は自己責任ですので、自身の投資スタイルに合った商品を選ぶことが重要です。

3.2「オールカントリー」と「除く日本」どっちがいいの?

同じeMAXISSlim全世界株式で、eMAXISSlim全世界株式「オールカントリー」eMAXISSlim全世界株式「除く日本」があります。2つの違いと、それぞれが適している状況について説明します。

まず、「オールカントリー」投資とは、全世界の株式市場(日本を含む)に投資するアプローチを指します。eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)のようなファンドは、先進国と新興国、そしてそれらの中の各国(日本も含む)の株式市場に広範に分散投資を行います。

一方、「除く日本」投資は、その名の通り、日本の株式市場を除外した全世界への投資を指します。これは、すでに個別に日本株への投資を行っている人や、日本株を避けたい理由がある人にとって適しています。

では、どちらが良いかというと、それは投資家個々の目的や状況によると言えます。地域リスクを広範に分散したい場合、または日本株の持分を積極的に組み入れたい場合は「オールカントリー」が適しています。

一方、すでに日本株を持っている人や、あるいは何らかの理由で日本市場の動向に左右されることを避けたい人は、「除く日本」が良いかもしれません。ただし、どちらのアプローチもそれぞれにメリットとデメリットがあるため、自身の投資目標、リスク許容度、期間などを考慮に入れて慎重に選択することが重要です。

第4章:投資の手段と選び方

4.1 ETFか投資信託か、オススメの投資方法は?

投資を始める際には、どのような投資方法を選ぶかが重要な決定となります。主要な選択肢にはETF(Exchange Traded Fund)投資信託がありますが、これらはどちらが「ベスト」なのかは投資家個々の状況や目標によります。

**ETF(上場投資信託)**

上場投資信託(ETF)は、証券取引所で取引されるタイプの投資ファンドです。ETFは通常、特定の株式指数、ボンド、商品などを追跡することを目指して設計されています。したがって、個別の証券に直接投資するのではなく、その代わりに広範な資産クラスや特定のセクターを含むポートフォリオに投資することができます。

ETFは次のような特徴があります。

  1. 流動性: ETFは証券取引所上で取引されるため、取引時間中は常に売買することができます。これは伝統的な相互ファンドとは対照的で、相互ファンドは一日の終わりにNAV(純資産価値)に基づいて取引されます。
  2. 透明性: 多くのETFは毎日公開されるポートフォリオの内容を持っているため、投資家は何に投資しているのかを常に知ることができます。
  3. ダイバーシフィケーション: 一つのETFは多数の個々の証券(株式、ボンド等)を持つことができるため、投資家は一つのETFを購入することで多様な投資を行うことができます。
  4. 費用対効果: ETFはパッシブ管理が多く、その指標に追従することを目指すため、管理費用が伝統的な相互ファンドよりも低い傾向があります。

ETFは多くの種類があり、国内株式、国際株式、債券、セクター、商品、不動産など、様々な資産クラスやテーマに焦点を当てたものがあります。これにより、投資家は自分の投資目標やリスク許容度に合わせて適切なETFを選ぶことができます。

ただし、ETFは無リスクの投資ではないことに注意が必要です。市場リスク、リバランスリスク、流動性リスクなど、一部のリスクは依然として存在します。したがって、投資する前に、これらのリスクを理解し、自身の投資目標やリスク許容度と一致するかどうかを評価することが重要です。

**投資信託**

投資信託(Mutual Fund)は、個々の投資家から資金を集め、その資金を株式、債券、短期金融商品などの一連の投資に分散投資する仕組みです。投資信託はプロのファンドマネージャーによって管理され、その目標はファンドの目標と一致する投資リターンを達成することです。

以下に投資信託の主な特徴を挙げます:

  1. ダイバーシフィケーション投資信託は、多種多様な資産(株式、債券、金融商品等)に投資します。これにより、投資家は少額の投資で多様なポートフォリオにアクセスすることができ、リスクを分散することが可能です。
  2. プロの管理投資信託はプロのファンドマネージャーによって管理されます。彼らは市場状況を分析し、資産の売買を行います。これは投資家が個別に各種の投資を分析・管理する手間を省くことができるというメリットがあります。
  3. アクセシビリティ投資信託は、最低投資金額が比較的低く設定されていることが多いため、投資家は少額からでも投資を始めることができます。
  4. 流動性投資信託は一日の終わりにNAV(純資産価値)に基づいて売買されます。これは投資家が必要な時に投資を売却することが可能であることを意味します。

投資信託もETF同様、多様なタイプがあり、成長株に投資するもの、値下がり債に投資するもの、特定の国や地域、産業に投資するものなど、投資家のニーズやリスク許容度に合わせた選択が可能です。

それぞれの特徴を踏まえると、以下のように選ぶことができます:

  • 頻繁に売買を行いたい人や、リアルタイムの市場価格で売買を行いたい人は、ETFが適しているでしょう。
  • 一方、定期的に一定額を投資して、長期的な成長を目指したい人や、コストを抑えたい人(投資信託の多くは販売手数料が無料や安価なものが多いです)は、投資信託が良い選択です。

これらは一般的なガイドラインであり、最終的な選択は投資家自身のリスク許容度、投資目標、投資期間、手数料に対する考え方などによるところが大きいです。投資を始める前に、これらの要素を評価し、自分に最も適した投資方法を選ぶことが重要です。

第5章:投資の仕方とおススメの証券会社2選

5.1 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)おススメの証券会社

eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)は、証券会社やオンライン証券のウェブサイトから購入できます。購入時には、自分の投資目標やリスク許容度に合った金額を選び、積立投資の場合は毎月の積立額を設定します。

ここではおススメの証券会社を2社ご紹介いたします

【楽天証券】

楽天証券は、日本の主要な証券会社であり、楽天グループの運営する証券会社です。株式、投資信託、外国為替(FX)、債券など、幅広い金融商品を提供しており、個人投資家向けのサービスを中心に行っています。

「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を楽天証券で購入する際のいくつかのメリットについて以下に説明します:

  1. 手数料楽天証券は投資信託の取引手数料が無料であることが多く、これは取引コストを低く抑えることができる大きなメリットとなります。
  2. 情報リソース楽天証券は豊富な情報リソースを提供しています。これには、市場ニュース、アナリストレポート、投資信託の詳細情報、過去のパフォーマンスなどが含まれます。これらの情報は、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を含む投資決定を行う上で非常に有用です。
  3. 楽天ポイント楽天証券での取引により「楽天ポイント」が付与されます。このポイントは楽天の様々なサービスで利用可能であり、これが一種のキャッシュバックとして機能します。
  4. 操作性楽天証券のウェブサイトやスマートフォンアプリは操作が容易で直感的であるため、初心者でも比較的簡単に投資信託の購入を行うことができます。
  5. 一定の金額から購入可能楽天証券では「つみたてNISA」のような制度を利用して一定の金額から投資することが可能です。これにより、大きな初期投資をせずに少額から投資を始めることができます。

上記のような理由から、楽天証券で「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を購入することはおすすめです。

【SBI証券】

SBI証券は、日本を代表するオンライン証券会社であり、個人投資家から法人投資家まで広範な顧客を対象としています。その商品ラインアップは株式、投資信託、外国為替(FX)、先物・オプション取引、国内外の債券、新規公開株(IPO)など非常に広範で、オンラインでの取引を中心に提供しています。

「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」をSBI証券で購入する際のいくつかのメリットについて以下に説明します:

  1. 手数料SBI証券は投資信託の取引手数料が非常に低いため、これにより取引コストを低く抑えることが可能です。
  2. 情報リソースSBI証券は豊富な情報リソースを提供しています。これには、市場ニュース、アナリストレポート、投資信託の詳細情報、過去のパフォーマンスなどが含まれます。これらの情報は、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を含む投資決定を行う上で非常に有用です。
  3. 商品ラインナップSBI証券では多種多様な投資商品を扱っています。これにより、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」以外の商品との組み合わせての投資戦略を考える際にも選択肢が広がります。
  4. 操作性SBI証券のウェブサイトやスマートフォンアプリは操作が容易で直感的であるため、初心者でも比較的簡単に投資信託の購入を行うことができます。
  5. 一定の金額から購入可能SBI証券では「つみたてNISA」のような制度を利用して一定の金額から投資することが可能です。これにより、大きな初期投資をせずに少額から投資を始めることができます。

上記のような理由から、SBI証券で「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を購入することはおすすめです。

第6章:まとめと結論

6.1 まとめ:

以上が、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)についての解説とその購入方法、特徴についての詳細な説明でした。この投資信託は全世界の株式市場に広く分散投資することが可能で、その手軽さと低コスト性から初心者にも経験豊富な投資家にも大変おすすめの商品となっています。

この商品の魅力は、その「分散投資」の特性にあります。これにより、一つの国や地域、企業のパフォーマンスに影響を受けず、全世界の経済成長をバックボーンにした投資が可能となります。また、その低コスト性は長期の投資戦略にとって重要な要素であり、コストが低いほど投資リターンにとって有利となります。

しかし、投資には必ずリスクが伴います。株式市場の動向は常に変動し、過去のパフォーマンスが未来の結果を保証するものではありません。そのため、リターンを追求する一方で、そのリスクも理解した上で投資を行うことが大切です。

また、自身のライフステージ、投資目標、リスク許容度によって適切な商品と投資額を選択し、自身にとって最適なポートフォリオを組むことをお勧めします。さらに、長期的な視点での投資が、市場の短期的な変動からくるリスクを軽減することになります。

これからも投資の世界は日々進化し続けます。新たな投資商品や投資戦略が生まれ、情報技術の発展により、より多くの情報が発信されるでしょう。

楽しい投資ライフを送るためには、投資の知識と経験を積むことが一番です。皆様の投資の旅が充実したものとなることを心から願っています。

タイトルとURLをコピーしました