「FIRE 4%ルールの基礎: 早期退職と経済的独立を実現するためのスタートガイド」

資産運用

こんにちは、マーシーです。

今回の記事では、FIRE(経済的独立と早期退職)に関連する重要なトピックである「FIRE 4%ルール」についてお話しします。もしかしたら初めてこのルールに触れる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく!わかりやすく解説していきますので、一緒に学んでいきましょう。

4%ルールは、資産を適切に運用することで、将来の安定した収入を確保するための指標です。このルールの基本的な仕組みやメリットについて詳しくご紹介します。さらに、実際の計算方法や注意点についても解説しますので、具体的なイメージを持っていただけるでしょう。

FIREを目指す方や将来の財政的自由に興味のある方にとって、この4%ルールは必見です。

それでは、早速始めましょう!

1.FIREの基本知識

FIREの意味

「FIRE(ファイヤー)」という語は、「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとったもので、「金融的に独立し、早期に退職する」という意味を持ちます。しかし、これは単純な直訳で、FIREの実際の意味と目指すものを理解するには、もう少し掘り下げて考えてみる必要があります。

FIREを目指す人々は、一般的な労働者よりも早い時期に、経済的に自立することを目指しています。具体的には、資産を増やし、その利回りだけで生活ができる状態を目指すことで、必要に応じて仕事を選ぶ自由を得られることを理想としています。そのためには、高収入を得るだけでなく、支出を抑えて貯蓄を増やし、それを投資に回すことが重要です。

では、FIRE運動において、「金融的独立」とは具体的に何を指すのでしょうか。それは、生活費や将来的な支出を含む全ての経済的な責任を、労働収入に頼ることなく、自身の資産や投資から得られる収益で賄える状態を指します。これが達成できれば、もはや生計を立てるために働く必要がなく、自身の時間を自由に使うことが可能となります。

次に、「早期退職」はどういう意味かというと、これは自分が仕事をするかどうかを自分自身で選べる自由を得ることを指します。つまり、金銭的に必要だからという理由で働く必要がなくなるのです。早期に金融的な独立を達成することで、人々は従来の年金生活に頼ることなく、40代や50代で退職することが可能となります。

FIREを達成するためには、収入を増やすだけでなく、支出を抑え、節約を行うことも重要です。そして、節約から生まれた余裕資金を投資に回すことで、資産を増やし、その利回りで生活できるようになることが目指されます。そのため、株式投資や不動産投資など、収益性のある投資先を見つける知識も必要となります。

しかし、このFIREというライフスタイルは、全ての人に適しているわけではありません。資産形成と運用に関する知識、リスク管理のスキル、節約を続ける覚悟などが必要となるからです。また、健康状態や家族構成、将来の経済状況なども考慮しなければならないため、個々のライフスタイルにより適切さは変わります。

それでも、FIREは自分の時間を自由にコントロールし、自分の好きなことに専念したいという人々にとっては、非常に魅力的なライフスタイルかもしれません。ただし、その実現には時間と努力、そしてしっかりとした計画が必要となります。どのように収入を増やし、どのように節約し、どのように投資を行うか。これらを計画し、その計画を実行することが、FIRE達成の鍵となります。

2.FIREの考え方とメリット・デメリット

フルFIREとサイドFIREの考え方

FIRE(Financial Independence, Retire Early)運動は、金融的な自立を目指し、早期退職を可能にするためのライフスタイルの一つです。この運動には、フルFIREとサイドFIREの2つの主なアプローチがあります。

まず、「フルFIRE」は、通常の全時間労働から完全に引退し、貯蓄や投資から得られる収入だけで生活するスタイルを指します。このアプローチを実現するためには、節約や賢い投資により、一定の資産を築く必要があります。また、これを実現するためにはしっかりとした計画と、高い自己管理能力が必要です。

資産が一定のレベルに達したら、その利益だけで生活ができる状態、つまり「金融的独立」が達成されるとされます。これが達成できれば、自分自身の時間を自由に使うことができ、仕事をするかどうかは完全に自分の選択となります。このため「フルFIRE」と呼ばれ、全く働かない生活を送ることも可能となります。

一方、「サイドFIRE」は、フルタイムの仕事からは退職するものの、パートタイムの仕事を持ち続けるか、または自分の興味のある分野で働くといったスタイルを指します。このアプローチでは、ある程度の安定した収入を確保しつつ、同時に自由な時間も増やすことができます。

サイドFIREは、完全な退職よりも少ない資産で始められることが一つの魅力です。また、仕事を通じて社会との繋がりを保つことができ、自身のスキルや専門知識を活かして働き続けることもできます。

フルFIREとサイドFIREは、どちらも金融的自立という共通の目標を持ちながら、自身の価値観や生活の優先順位によって選ばれます。

FIREのメリット・デメリット


FIRE(Financial Independence, Retire Early)というライフスタイルは、そのメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれを詳しく説明します。

メリット

  1. 自由な時間を得るFIREを達成すると、日々の働き方やライフスタイルに自由が生まれます。仕事に縛られることなく、自分の興味や趣味に時間を使うことが可能となります。
  2. 自己成長と学習の時間自由な時間が増えると、新しいスキルを学んだり、自己成長のための時間が手に入ります。学びたいことを追求する自由があります。
  3. ストレスの軽減経済的な自立を達成すれば、仕事によるストレスや、経済的な不安から解放される可能性があります。

デメリット

  1. 厳格な節約と投資が必要FIREを達成するためには、しっかりとした節約と投資が必要となります。生活費を抑え、お金を資産形成に回すことが必要となります。
  2. 社会保障への依存度が高まる年金や医療保険など、社会保障制度への依存度が高まる可能性があります。また、早期退職により、これらの保障が受けられない可能性もあります。
  3. リスク管理が難しくなる投資には常にリスクが伴います。市場の変動により資産価値が減少する可能性もあります。そのため、資産の運用とリスク管理について十分な知識と経験が必要です。
  4. 社会との繋がりの減少一部の人にとって、仕事は自己実現や社会との繋がりを保つ手段でもあります。FIREを達成し、仕事を辞めることで、その繋がりが薄れる可能性もあります。

これらのメリットとデメリットを理解した上で、FIREが自分のライフスタイルや価値観に適合するかどうかを検討することが重要です。

3. 4%ルールの詳細解説と活用方法

4%ルールを詳しく解説

4%ルールとは、FIRE(Financial Independence, Retire Early)の考え方の中で、退職後の生活資金の引き出し方について定められたガイドラインのことを指します。このルールが提唱するのは、自身の貯蓄から毎年全体の4%を引き出すというアプローチです。

ここで具体的な例を出してみましょう。あなたが1億円の貯蓄を持っているとしましょう。4%ルールに基づくと、最初の年にはその貯蓄から400万円(1億円の4%)を引き出します。次の年には、前年の引き出し額(400万円)にインフレ率を加算した金額を引き出すという方法をとります。このようなやり方を続けることで、30年以上にわたって資産が尽きることなく生活を続けられるとされています。

しかしながら、この4%ルールにはいくつかの前提条件があります。まず、資産は株式や債券など、一定のリターンを期待できる投資に配置されていることが必要です。さらに、4%ルールは約30年間の引退生活を前提としています。もし、より長い期間を考慮する場合や、市場環境が大きく変わる場合などには、4%という数字を再評価する必要があるかもしれません。

また、4%ルールは過去の金融市場のデータに基づいています。これは、過去の平均的な株式と債券のリターン、そしてインフレ率を考慮して導き出された結果です。しかし、金融市場の将来の動きは過去のデータによって完全に予測することはできません。したがって、4%ルールはあくまで一つのガイドラインであり、市場環境や自身の生活状況に応じて適宜調整する必要があると言えるでしょう

4%ルールは一般的なガイドラインであると理解しておくと良いでしょう。それぞれの状況、目標、リスク許容度により、最適な引き出し率は変わり得ます。

4.出口戦略と4%ルールの活用

「4%ルール」の論文①:WilliamBengen氏の研究論文


ウィリアム・ベンゲン氏の研究は、リタイアメントプランニングと資産運用に関する重要な理論の一つとして認識されています。彼が提唱した4%ルールは、金融業界でも広く認識されているガイドラインです。

ベンゲン氏の研究は、歴史的な株式と債券のリターンデータに基づいています。彼は、これらのデータを使用して数千のシミュレーションを行い、どのような市場環境下でも資産が尽きない安全な引き出し率を求めました。その結果、年間の引き出し率を4%と設定した場合、最悪の市場環境でも資産は最低33年間持つという結論に至りました。

ただし、これは資産の配分が一定の割合で株式と債券に分散投資されているという前提条件があります。また、インフレ率が平均的な範囲内であること、市場が過去の動きを一定程度反映し続けることも前提となっています。

さらに、ベンゲン氏の研究は、資産が全くなくならないことを目指すものではありません。むしろ、リタイアメント期間中に資産が枯渇しない確率を最大化することを目指しています。したがって、4%ルールに従っても、資産が一定の範囲内で減少する可能性はあります。

ベンゲン氏の研究は、投資のリターンやインフレ率などの不確実性を考慮に入れた上で、リタイアメントの資金計画を立てるための有用なフレームワークを提供しています。しかしながら、個々の具体的な状況やリスク許容度に応じて、4%ルールは適宜調整されるべきです。

「4%ルール」の論文②:米国トリニティ大学の研究論文「TrinityStudy(トリニティ・スタディ)」

「Trinity Study(トリニティ・スタディ)」は、アメリカのトリニティ大学の教授たちによって1998年に行われ、早期退職や長期間の退職生活を計画する人々が、自身の貯蓄からどれくらい安全に引き出せるか(つまり「安全な引き出し率」は何か)を探求した研究です。

トリニティ・スタディは、投資組み合わせ(株式と債券の比率)と引き出し期間(退職後何年間生活するか)を考慮に入れ、さまざまなシナリオでの4%ルールの成功率を分析しました。例えば、彼らは株式を50%、債券を50%保有し、30年間で資産から4%ずつ引き出すというケースを想定しました。

その結果、このケースでの4%ルールの成功率は、過去の実際の市場データを元にしたシミュレーションでは95%以上でした。つまり、100回シミュレーションした場合、95回は30年後にまだ資産が残っている、という意味です。

また、株式の比率を高めると(リスクを取ると)、4%ルールの成功率はさらに高まりました。しかし、その一方で、資産価値の年間変動(リスク)も大きくなります。つまり、株式の比率を増やすことで、より長く資産を維持できる可能性が高まりますが、市場の変動による資産の価値の変動も大きくなります。

この研究は、4%ルールが「ルール」というよりもガイドラインであることを示しています。それは必ずしも全ての人、全ての状況に適用可能なわけではありません。自分のリタイアメントの期間、リスク許容度、資産配分などを考慮に入れて、自分自身にとっての「安全な引き出し率」を見つける必要があります。また、市場の状況や自身の財務状況の変化に応じて、この数字を時々見直すことも重要です。

出口戦略は4%ルール(定率取り崩し)の他に「定額」「期間指定」がある!


資産を引き出すための”出口戦略”は大きく3つに分けられます。「定率取り崩し」、「定額取り崩し」、「期間指定取り崩し」です。それぞれの戦略がどのようなものか、それぞれの特性と利点を見ていきましょう。

  1. 「定率取り崩し」: これは先ほど説明した4%ルールが該当します。つまり、投資した総額の一定割合を毎年引き出す方法です。例えば1000万円を投資していて、定率が4%ならば、最初の年には40万円を引き出します。そして次の年には残りの資産から再度4%を引き出します。市場が好調な年には引き出す金額が増え、不調な年には減ります。つまり、市場のパフォーマンスに連動して引き出し額が変動します。
  2. 「定額取り崩し」: これは、毎年固定の金額を引き出す方法です。例えば、毎年200万円を引き出すと決めたら、それが守られます。これは、生活費として必要な額が決まっていて、その額が毎年変わらない場合に適しています。しかし、市場が不調な時には資産の減少が速まるリスクがあります。
  3. 「期間指定取り崩し」: これは、指定した期間で全ての資産を引き出す方法です。たとえば、20年間で全ての資産を取り崩すと決めた場合、毎年5%(1/20)を引き出します。これは特定の期間だけ資金が必要な場合や、一定の期間後に他の収入源(年金など)が見込める場合に適しています。

これらの戦略は各々のライフスタイル、資産の規模、収入の必要性、市場環境などによって選ぶべきものが変わります。これらの選択肢を理解し、自身の状況と目標に合った最適な出口戦略を選ぶことが重要です。

失敗のリスクを極限まで減らした「3%ルール」の取り崩しをシミュレーション!


「3%ルール」はFIRE(Financial Independence, Retire Early)戦略の中で、より保守的なアプローチを選びたい人々に向けた戦略です。このルールは、毎年資産の3%だけを引き出すというもので、4%ルールよりも低い割合となっています。

シミュレーションを通じて理解を深めてみましょう。ある人が年間に必要とする生活費が300万円であるとします。この人が4%ルールを適用する場合、これを満たすためには、資産として7500万円(300万÷ 0.04)が必要となります。これは、7500万円の4%が年間の生活費である300万円となるためです。

一方で、同じ300万円の生活費を3%ルールで賄おうとすると、必要な資産は1億円(300万 ÷ 0.03)となります。これは1億円の3%が300万円となるからです。

このシミュレーションから分かるように、3%ルールを適用する場合、より大きな資産を必要とします。しかし、その分、資産が枯渇するリスクは低くなります。

このように、3%ルールはより保守的な戦略で、リスクを最小限に抑えることが可能です。しかし、その一方で必要な資産は増え、それに伴い準備に必要な時間も長くなります。したがって、このルールを適用するか否かは、個々のリスク許容度や貯蓄能力、目標の早期退職の時期などによります。それぞれの状況と目標に応じて、最適なルールを選ぶことが大切です。

5.出口戦略の選択

「定率売却」と「定額売却」と「期間指定売却」はどれを選択すべきか?

投資した資産からどのようにして資金を引き出すかというのは、資産運用における重要なポイントです。定率売却、定額売却、期間指定売却の3つの方法がありますが、それぞれの選択肢には特長と適用シーンがあります。

  1. 定率売却(4%ルール、3%ルールなど)  定率売却は、毎年資産の一定の割合を引き出す方法です。この手法は長期的なリタイアメントプランに適しています。ただし、引き出す金額は投資のパフォーマンスにより変動します。つまり、市場が好調な年はより多くの金額を引き出すことができますが、市場が不調な年は引き出せる金額が減る可能性があります。そのため、生活費の需要が年々変わる可能性を理解し、それに対応できる柔軟性が必要です。
  2. 定額売却  定額売却は、毎年一定の額を引き出す方法です。これにより、毎年の生活費を安定して確保することができます。しかし、定額で資金を引き出し続けると、市場が不調な時期には資産が急速に減少し、早期に資産が枯渇するリスクがあります。そのため、この方法を選択する場合は、市場の動向を注意深く監視し、必要に応じて引き出す金額を調整する必要があります。
  3. 期間指定売却  期間指定売却は、指定した期間(例えば20年など)で全ての資産を取り崩す方法です。特定の期間だけ資金が必要な場合や、定年退職後の生活費を一定期間確保したい場合に適しています。ただし、期間が経過した後は、新たな収入源を確保する必要があります。

これらの選択肢から最適なものを選ぶためには、個々のリタイアメントの目標、リスク許容度、市場に対する見通しなどを考慮する必要があります。各方法には一長一短があるため、自身のニーズやライフスタイルに最も適した方法を選ぶことが重要です。

6.資産運用の流れと方法紹介

それでは、FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的自立と早期退職)の目指す過程での資産運用について、さらに詳細に説明します。

  1. 資産運用の目標設定: まず、自分がどれくらいの資産があれば生活できるのか、目標とする生活費を明確に設定します。これには、現在の生活費を考慮に入れるとともに、退職後の生活スタイルや希望する生活水準を反映させることが大切です。4%ルールや3%ルールを考えると、目指すべきは年間生活費の25倍(4%ルール)または33倍(3%ルール)です。
  2. 節約と貯蓄 FIREを実現するためには、一般的な節約以上の努力が必要です。これには、生活費を極力削減することはもちろん、より収入を増やすためのアクション(副業を始めるなど)も含まれます。そして、手に入れたお金の大部分を貯蓄に回します。
  3. 投資 貯蓄だけでは目標金額の達成は困難です。そのため、資産を成長させるために投資を行います。多くの場合、株式や債券への分散投資が推奨されます。また、不動産投資や事業投資も選択肢となることがあります。ここでは、自分自身のリスク許容度や投資に対する理解を考慮に入れて、適切な投資を選ぶことが重要です。
  4. リバランシング投資を行っていくと、市場の動向やリターンにより、初めに設定した投資比率から乖離することがあります。それを適時修正し、リスクとリターンのバランスを保つことをリバランシングと言います。これにより、一部の投資が大きな損失を引き起こしても全体としては安定したリターンを維持することができます。
  5. 出口戦略FIREを達成したら、次に考えるべきは資産からどのように収入を得るか、つまり出口戦略です。「定率売却」、「定額売却」、「期間指定売却」の3つが主な選択肢です。これらは自分のライフスタイル、資産の大きさ、市場状況などを考慮に入れて選択します。

以上が資産運用の大まかな流れですが、具体的な運用方法や運用先は人それぞれ異なります。資産運用の専門家やファイナンシャルプランナーに相談し、自分に適した戦略を立てることを推奨します。

7.まとめ

今回のブログ記事では、FIRE 4%ルールについて詳しくご紹介しました。

少しでも理解しやすいように、基本的な概念や計画のポイントに焦点を当てました。将来の経済的独立と早期退職を目指す上で、4%ルールは重要な指標となります。

このルールは、適切な投資ポートフォリオを構築し、その中から毎年の支出の4%を引き出すことで、終身収入を得る方法です。しかしこれには注意点もあります。例えば、インフレや市場の変動に対するリスク管理などが重要です。

ぜひこのルールを活用し、安定した財政的自由を手に入れてください。

タイトルとURLをコピーしました