「SDGsとは?初心者向けの詳細解説!目標や意義、取り組み方法を徹底解説」

資産運用

こんにちは、マーシーです。

今回は、SDGs(持続可能な開発目標)について初心者の方にも分かりやすく詳しく解説していきます。SDGsは、持続可能な社会を実現するために国連が掲げた17の目標のことであり、私たちの未来に向けた重要な取り組みです。

なぜSDGsが重要なのかというと、私たちが快適な生活を送るだけでなく、地球環境や社会の健全性を保ち、将来の世代にも良い環境を残すために必要なからです。SDGsは、貧困の撲滅や飢餓の終息、教育の普及、ジェンダー平等、クリーンエネルギーへの移行など、さまざまな目標を含んでいます。

SDGsの目標を達成するためには、政府、企業、市民、団体など、全ての人々が協力して取り組む必要があります。具体的な取り組みとしては、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの利用、廃棄物削減、教育機会の提供、ジェンダー平等の推進などがあります。

私たち一人ひとりがSDGsに貢献する方法もあります。例えば、自分の日常生活でエネルギーの節約やリサイクルを心がけること、フェアトレード製品やエシカルな商品を選ぶこと、または地域のボランティア活動に参加することなどです。小さな行動でも大きな変化を生み出すことができます。

SDGsの達成にはまだまだ課題がありますが、私たちの共通の目標として、地球環境の保護や社会的な課題の解決に取り組むことが重要です。私たちが持続可能な未来を実現するためにSDGsに注目し、行動を起こすことは、地球と社会への責任を果たす一歩となるのです。

この記事では、SDGsの意義や具体的な目標、私たちができる貢献方法などを詳しく解説していきます。SDGsへの理解を深め、自分自身や周りの人々と共に、持続可能な未来の実現に向けた一翼を担いましょう!


1.はじめに:SDGsって何だろう?

1 SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略語です。これは「自然環境、社会が持続的に良好な状態を保つために、私たちはどのように経済活動や生活を進めていくべきか」について、具体的な目標を設定したものです。SDGsは地球上のさまざまな問題を解決し、すべての人々がより良い生活を送れるようにするための目標群と言えます。

2015年、国連の全193の加盟国が集まり、これらの目標を設定しました。これらの目標は全部で17個あり、2030年までに達成することを目指しています。その17の目標の中には、「貧困をなくす」「飢餓をゼロに」「すべての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現する」などが含まれています。

これらの目標は、私たちが地球上で生活を続けるために、経済や社会、そして自然環境が健全であることが必要だという理念を具現化したものです。つまり、全ての人々が健康で、自然環境が保護され、経済が良好であることが大切だということを示しています。

各国政府だけでなく、地域社会、企業、学校、そして私たち一人一人が、この17の目標に向けて日々の生活や活動を進めることが求められています。具体的には、エネルギーの節約、リサイクル、公平な取引、地域の清掃活動、環境教育など、私たちの日常生活の中でできる行動はたくさんあります。

このような一人一人の行動が、全体としてSDGsの達成に寄与し、地球全体の持続可能な未来につながっていきます。それぞれの目標は相互に関連し合っており、一つの目標が達成されると、他の目標達成にも寄与すると考えられています。

SDGsは、私たちの行動一つ一つが地球の未来を形成するという認識を深め、具体的な行動に移すための指針を提供します。私たちはSDGsを通じて、今日だけでなく未来の世代も含めた全ての人々のための、持続可能な社会を実現するための行動をとるべきです。


2.SDGsの歴史と概念

2.1 SDGsができるまで

まず初めに、SDGsの前身となる「ミレニアム開発目標(MDGs)」についてお話します。MDGsとは、2000年に国連が採択した、世界の貧困問題を解決するための8つの目標です。これらの目標は主に途上国の問題に焦点を当て、その目標達成期限は2015年とされていました。

例えば、「極度の貧困と飢餓をなくす」「全ての子どもが小学校教育を受けられるようにする」など、MDGsは主に貧困や教育、健康などの基本的な人権に関わる問題に取り組むための目標となっていました。

しかし、2015年になってもMDGsの目標が全て達成されることはありませんでした。多くの課題が残されたままで、特に環境問題や経済成長、平和と法の支配など、より広範で複雑な問題に対する取り組みが求められるようになりました。

そこで、2015年の国連サミットでは、MDGsの後継として「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。SDGsは、MDGsの目標を引き継ぎつつも、より包括的で普遍的な問題に対応するために、新たに17の目標が設定されました。これらの目標は全ての国が取り組むべき課題であり、環境問題、経済成長、平和と法の支配など、人間の生活と地球の未来に関わる幅広いテーマが含まれています。

これらのSDGsの目標は2030年までに達成すべきとされており、現在も各国や各地域で、さまざまな取り組みが進められています。

2.2 SDGsの成り立ち

SDGsのアイデアは、2012年にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連会議、通称「リオ+20」で初めて提唱されました。リオ+20とは何かというと、それは正式には「国連持続可能な開発会議」と呼ばれる大会で、その名前の通り「持続可能な開発」つまり、環境を守りながら経済発展を進める方法について世界中から集まった参加者たちが話し合った会議です。その「+20」は、最初の会議が1992年に開かれたことから20年後の会議という意味を表しています。

このリオ+20の会議で、世界が直面するさまざまな課題を解決し、持続可能な未来を作るためには、全世界が協力して取り組む具体的な目標が必要だという考えが提唱されました。そしてそれが、後のSDGs(持続可能な開発目標)の提案につながることとなりました。

その後、世界各国の代表者たちが数年にわたって議論を重ね、具体的な目標を設定しました。そして、2015年に開かれた国連サミットで、これらの目標が正式に採択されました。これが、我々が今日「SDGs」と呼んでいる17の目標です。

それぞれの目標は、環境、経済、社会の三つの側面をバランス良く進めることで、持続可能な社会を実現するためのものです。それぞれの目標にはさらに具体的なターゲットが設定されており、世界中の国々や企業、市民一人一人がこれを達成するために取り組むことが期待されています。

2.3 SDGsの前文・宣言

SDGsの宣言では、「私たちは決して誰一人取り残さない」という強いメッセージが伝えられています。これは、何を意味するのでしょうか?

これは、SDGsの目標が、一部の人々だけでなく、地球上の全ての人々がより良い生活を送ることを目指しているということを示しています。つまり、全ての人々が持続可能な社会の恩恵を受け、誰もが貧困や差別、社会的排除などから解放され、自分自身の可能性を最大限に活かせる社会を目指しているのです。

そして、その目指す社会は、ただ人間だけが良い生活を送るのではなく、自然環境を守りながら、全ての生命が共存できる持続可能な社会です。だからこそ、環境問題や経済的な問題、社会的な問題など、さまざまな観点からの17の目標が設定されているのです。

「私たちは決して誰一人取り残さない」は、そのような全ての人々と地球を守るというSDGsの理念を強く表現したメッセージと言えます。そして、それは私たち一人一人が、日々の生活の中で持続可能な選択をすること、また地域や国、世界の問題について考え行動することを促しています。

3.SDGsの目標とターゲット

3.1 SDGs17の目標を詳しく見てみる

SDGs(持続可能な開発目標)は、世界が直面する大きな問題に対して解決策を見つけ、すべての人がより良い生活を送れるような持続可能な未来を作るために定められた17の目標から成り立っています。

  1. 貧困をなくす: 世界中のどこにも貧困が存在しない状態を目指す。
  2. 飢餓をゼロに: すべての人々が十分な食料にアクセスできる状況を作る。
  3. すべての人に健康と福祉を: 人々が健康的な生活を送れるように、病気の予防や治療、健康サービスの向上を目指す。
  4. 質の高い教育をみんなに: 教育の機会をすべての人に平等に提供し、生涯学習の機会を促進する。
  5. ジェンダー平等を実現する: 男女平等を達成し、すべての女性と少女の権利と機会を強化する。
  6. 水とトイレをみんなに: 安全で手頃な飲料水と衛生設備をすべての人に確保する。
  7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに: 安価かつ持続可能なエネルギーをすべての人々に提供する。
  8. 働きがいも経済成長も: 良好な労働条件を提供し、持続可能な経済成長を達成する。
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう: すべての人々が利用できる耐久性のあるインフラを構築し、産業の革新を推進する。
  10. 人や国の不平等をなくそう: 経済的、社会的、政治的な面での不平等を減らし、すべての人々の機会を改善する。
  11. 住み続けられるまちづくりを: すべての人々が安全で、耐久性のある、持続可能で、包括的な都市と人間の居住地を享受できるようにする。
  12. つくる責任、使う責任: 持続可能な消費と生産パターンを確立する。
  13. 気候変動に具体的な対策を: 気候変動とその影響に対応し、これらの問題を解決するための緊急対策を講じる。
  14. 海の豊かさを守ろう: 海洋と海洋の資源を持続可能に利用し、保全する。
  15. 陸上の生態系も守ろう: 陸上の生態系を保護し、持続可能に利用し、生物多様性の損失を防ぐ。
  16. 平和と公正をすべての人に: 平和と公正な社会を促進し、すべての人々に公正なアクセスを提供し、効果的な制度を確立する。
  17. パートナーシップで目標を達成しよう: 持続可能な開発のためのグローバルなパートナーシップを強化し、各目標達成のための資源を共有する。

これらの目標は相互に関連し、一つの目標が達成されると、他の目標も前進するという考え方があります。これらの目標には、環境、社会、経済の三つの側面が含まれており、これらをバランスよく進めることで持続可能な社会を目指しています。

3.2 3つの視点で見る目標解説

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標は、それぞれが重要な問題に取り組んでいますが、それらを理解しやすくするために、3つの大きな視点で捉えることができます。それぞれ「人間の視点」、「地球の視点」、「パートナーシップの視点」です。

  1. 人間の視点(目標1〜6)「人間の視点」は、すべての人々が安全で健康的な生活を送り、基本的な人権を享受できる社会を目指す視点です。例えば、目標1は貧困をなくすことを目指し、目標2は飢餓をなくすこと、目標3は健康と福祉をすべての人に、などといった具体的な目標があります。これらはすべて、個々の人間が自分自身の人生を豊かに生きるための基盤となるような課題に対処しています。
  2. 地球の視点(目標7〜12)「地球の視点」は、私たちが住む地球自体が持続可能で、健康的な状態を保つことを目指す視点です。例えば、目標7は持続可能なエネルギーをすべての人々に提供すること、目標12は持続可能な消費と生産のパターンを確立することなどを目指しています。これらの目標は、地球の資源を適切に管理し、未来の世代も豊かに生きられるようにするための課題に取り組んでいます。
  3. パートナーシップの視点(目標13〜17)「パートナーシップの視点」は、これら全ての目標を達成するためには、国や地域、企業、個人などが連携し、協力することが必要であるという視点です。例えば、目標17は、パートナーシップを通じて目標を達成することを目指しています。これは各目標達成に必要なリソースや情報、技術などを共有し、一緒に取り組むことの重要性を強調しています。

これら3つの視点は、SDGsの目標が全ての人々と地球全体の持続可能性を目指していること、そしてそれを達成するためには全ての関係者が協力し合う必要があることを示しています。

3.3 SDGsの169のターゲット

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標は、さらに詳細な169の「ターゲット」に分かれています。これらのターゲットは、各目標をより具体的で明確な行動指針に落とし込んだものです。つまり、これらのターゲットを達成することが、各目標の達成に直結するというわけです。

それぞれの目標とターゲットは、一緒になってより具体的な行動計画を示し、具体的な成果を目指すためのガイドラインとなっています。

例えば、目標1は「貧困をなくす」という大きな目標です。しかし、「貧困をなくす」とはどういうことなのか、どのように達成するのかは、この表現だけでは明確ではありません。そこで、ターゲットが設定され、具体的な行動と目標が示されます。

目標1にはいくつかのターゲットがありますが、その一つには「2030年までに全ての男性、女性、子供の形での極度の貧困を世界中で終わらせる」という具体的な目標が設定されています。これは、具体的にはどのような行動をとるべきか、どのような結果を目指すべきかを明確に示しています。

このように、SDGsの各目標は具体的なターゲットによって補完され、その目標が現実のものとなるように導いています。


4.企業とSDGs

4.1 企業にとってSDGsはどんな意味があるの?

SDGs(持続可能な開発目標)とは、地球と人類が直面する問題を解決するための国際的な目標です。これは、個々の人々だけでなく、企業にとっても大きな意味を持ちます。

まず、SDGsは企業に新たなビジネスチャンスを提供します。それはどういうことでしょうか?SDGsの目標の1つ1つは、現在地球が直面している大きな問題に取り組むためのものです。例えば、「貧困をなくす」、「クリーンなエネルギーを全ての人に」、「都市とコミュニティを持続可能にする」などです。これらの問題を解決するための製品やサービスを提供することで、企業は新たなビジネスチャンスを掴むことができます。

また、SDGsは企業が社会に対して果たすべき役割を明確にします。企業は単に利益を追求するだけでなく、社会全体の持続可能性に貢献することが求められています。これは企業の社会貢献活動だけでなく、ビジネスモデルそのものにも影響を与えます。例えば、エネルギー効率の良い製品を開発したり、環境に配慮したサプライチェーンを構築したりすることで、企業は持続可能性をビジネスに組み込むことができます。

そして、これは企業にとって競争優位性をもたらします。消費者はますます、企業が社会や環境に対して責任を持つことを求めています。そのため、SDGsに取り組むことは、企業の評判を向上させ、ブランドの価値を高め、結果的には企業の競争力を強化することにつながります。

したがって、企業にとってSDGsは、新たなビジネスチャンスを見つけ、社会貢献を通じてブランド価値を高め、最終的には競争優位性を獲得するための重要なツールとなります。

4.2世界のトレンド、SDGsとESG

最近、世界的に見て「ESG投資」という考え方が注目を浴びています。これは企業が環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)という3つの視点を重視することを意味しています。つまり、企業の経済的なパフォーマンスだけでなく、環境への配慮、社会貢献、そして良好な企業統治が求められています。

これと密接に関連しているのが、先ほどお話した「SDGs」(持続可能な開発目標)です。SDGsは、全世界の国々が一緒になって、地球上の問題を解決するために掲げた17の目標です。環境保護や貧困撲滅、教育改善など、多様な課題に取り組むことが目指されています。

企業がSDGsに積極的に取り組むことは、その企業が社会的な課題解決に対して真剣に取り組んでいると評価されるため、ESG投資の観点からも非常に重要です。ESG投資家は、企業の金融的な成績だけでなく、その企業がどれだけ社会貢献を重視し、環境に優しく、適切に経営されているかを見て投資を決定します。

そのため、企業がSDGsに取り組むことは、企業のESG評価を向上させ、投資家からの信頼を得ることにつながります。また、SDGsへの取り組みは、企業のビジネスモデルそのものを見直し、新たなビジネスチャンスを見つけるきっかけにもなります。これらは、長期的な視点から見て企業の持続的な成長に寄与します。

4.3責任投資原則(PRI)とESG投資

責任投資原則(Principles for Responsible Investment、PRI)とは、国連が推進するイニシアチブ(自発的行動)で、投資家が投資活動において環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)という「ESG」の観点を重視することを奨励しています。

「ESG投資」という言葉が指すのは、この「ESG」の視点を考慮に入れて投資を行うことです。たとえば、環境に配慮した製品を開発している企業や、従業員の福利厚生に力を入れている企業、透明性の高い経営を行っている企業などに投資を行うことを意味します。

その一方で、PRIはこのESG投資を具体的にどのように行っていくべきか、という原則を6つ提供しています。これらの原則に従うことで、投資家は社会的・環境的なリスクを理解し、それらを投資判断に反映することができます。

そしてここで「SDGs」(持続可能な開発目標)が登場します。企業がSDGsに取り組むということは、社会的・環境的な課題解決に努めているということを示す一つの指標になります。したがって、SDGsへの取り組みは、投資家が企業を評価する際の重要な要素の一つとなります。つまり、企業のSDGsへの取り組みは、PRIやESG投資の観点からも大変重要なものとなっています。

5.日本とSDGs

5.1 日本におけるSDGs

SDGs(持続可能な開発目標)は、私たち全体が抱える課題を解決するための目標で、それは日本でも同じです。SDGsは、私たちの生活全体に関連しています。そのため、国だけでなく、地方自治体や企業、NPO、学校といった様々な組織が取り組むことで、より大きな成果を上げることができます。

日本政府は、SDGs達成に向けた様々な政策を推進しています。環境保全や社会保障制度の改革、教育の充実など、国全体で持続可能な社会を作り上げるための取り組みを行っています。

地方自治体もまた、自分たちの地域における課題を見つけ、それを解決するための施策を実施しています。これらの取り組みは地域活性化につながり、地域の経済や福祉、教育に対しても大きな影響を与えます。

企業は、自社のビジネス活動を通じてSDGs達成に貢献できるように、商品開発やサービス、労働環境の改善などに取り組んでいます。また、企業がSDGsに取り組むことは、企業自身の競争力強化やブランド価値向上にもつながります。

NPOや学校もまた、自らの活動や教育を通じてSDGsの推進に努めています。NPOは地域の課題解決や啓発活動を行い、学校では子供たちにSDGsについて学んでもらうことで、未来の社会貢献者を育てる役割を担っています。

これら全ての組織が協力し合い、それぞれが自らの役割を果たすことで、SDGsの目標達成が進み、より良い社会を作ることが可能となります。

5.2 日本のSDGs達成度とランキングの推移

SDGs(持続可能な開発目標)達成度ランキングとは、世界各国がSDGsの17の目標達成にどれだけ近づいているかを比較するためのランキングです。これは、各国が公平で包摂的な社会を作り上げ、人々の生活を向上させるためにどれだけ努力しているかを示します。

2022年のこのランキングで、日本は58位という結果になりました。これは、全国家中58位ということで、まだ改善の余地があるということを示しています。なかでも、環境に関する目標やジェンダー平等の目標の達成度が低いとされています。

環境に関する目標とは、地球の健康を守ることを目指す目標です。これには、気候変動の対策や持続可能なエネルギーの利用、海や陸地の生物多様性の保護などが含まれます。これらの領域で、日本はまだ改善が必要とされています。

ジェンダー平等の目標とは、男女が平等に機会を享受し、同じ条件下で生活できる社会を作ることを目指す目標です。これには、女性の社会参加やリーダーシップの拡大、女性に対する暴力の撲滅などが含まれます。ここでも、日本は更なる改善が必要とされています。

これらの結果から、日本はSDGs達成に向けてより一層の取り組みが必要とされています。そのため、政府、企業、市民一人ひとりがSDGsについて理解を深め、日々の生活やビジネス活動に取り入れていくことが求められています。

5.3 日本政府の取り組み

日本政府は、世界が一丸となって取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)の推進に全力で取り組んでいます。その一環として、政府内部に「SDGs推進本部」を設けています。

「SDGs推進本部」は、SDGsの達成に向けた国の方針や計画を立案し、全国的な取り組みを調整・推進する役割を担っています。また、各種の政策や計画を評価し、その成果を国民や国際社会に伝える役割も果たしています。これにより、日本全体が一致団結してSDGsの達成に向けて動くことが可能となります。

さらに、各省庁もそれぞれの分野におけるSDGsの目標を具体的に実現するための活動を進めています。たとえば、環境省は環境保護に関連する目標を、厚生労働省は健康や福祉に関連する目標を、文部科学省は教育に関連する目標を推進しています。

これらの取り組みにより、日本政府は、国民一人ひとりがより良い生活を送れる社会の実現、地球の持続可能な未来の確保、そして全世界の人々が持続可能な社会の恩恵を受けられるように努力しています。

5.4 SDGsへの日本の身近な取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)は、政府や企業だけでなく、私たち一人ひとりの日常生活の中にも深く関わっています。そして、それぞれの小さな行動が、大きな持続可能な社会の実現につながっています。ここでは、日本での身近なSDGsへの取り組みの例をいくつかご紹介します。

  1. エコバッグの使用プラスチック製のショッピングバッグは、一度使って捨てるだけで終わることが多く、環境問題の一因となっています。しかし、自分のエコバッグを持参して買い物をすることで、このプラスチックの消費を減らすことができます。これはSDGsの目標12(持続可能な消費と生産)や目標14(海洋と海洋資源を守る)に寄与します。
  2. フードロスの削減日本では毎年多くの食品が捨てられています。しかし、食材を計画的に使い、残り物を活用することで、この食品廃棄物を減らすことが可能です。これはSDGsの目標12(持続可能な消費と生産)に直接関係しています。
  3. エネルギーの節約エネルギーの消費を抑えるために、エアコンやヒーターの設定温度を見直す、電気製品の使用を最小限に抑えるなどの行動もSDGsに貢献します。これは特に目標7(持続可能なエネルギーを全ての人々に)と目標13(気候変動に立ち向かう)に関連しています。

こうした日常的な行動を通じて、私たち一人ひとりがSDGsの達成に貢献することができます。一見小さな行動でも、それが多くの人々に広がることで大きな力となり、社会全体を持続可能な方向へと動かすことができます。

6.SDGsと社会の変容

6.1 SDGsにおけるトランスフォーム(Transform)とは

SDGs(持続可能な開発目標)において、「トランスフォーム」または「変革」は、とても重要な考え方です。この言葉は「形を変える」あるいは「大きく変える」という意味を持っています。SDGsを達成するためには、ただ小さな改良を重ねるだけではなく、社会全体を大きく変えるような革新的なアクションが求められています。

「トランスフォーム」の考え方は、持続可能な社会を実現するためには、単に現状の社会システムを微調整していくだけではなく、従来の社会システムや価値観を大きく転換する必要があるという理念を示しています。

例えば、エネルギー問題を考えるとき、単に従来のエネルギー消費を少し抑えるだけでなく、再生可能エネルギーへの大規模なシフト(変革)が必要です。また、貧困問題を解決するためには、単に富裕層が貧困層に物資を分け与えるだけではなく、社会全体の経済システムや教育システムの大改革が求められます。

このように、「トランスフォーム」の視点からSDGsに取り組むことで、根本的な社会問題の解決に向けた大きな一歩を踏み出すことができます。

6.2 SDGsをきっかけとした、本質的な変容に向けて


SDGs(持続可能な開発目標)は、ただ単に特定の課題を解決するための目標だけではありません。それ以上に、これは社会全体を本質的に変化させるための強力な動機付け、つまり「きっかけ」なのです。

持続可能な社会とは、環境の健康だけでなく、社会全体の公正性や平等性の向上、人々の生活の質の改善を含む、より広範な意味での「持続可能性」を指します。それは人々がより良い生活を送ることができ、同時に次世代にも豊かな地球を残すことができる社会のことを言います。

SDGsは、そのような社会を実現するために、全面的な社会改革を求めています。それは、経済的な成長や技術的な進歩だけではなく、社会の公正性や平等性の向上、教育の質の改善、健康や福祉の保証、そして持続可能な生産・消費の実現など、多面的な変革を求めています。

その意味で、SDGsは各々の課題に取り組むだけでなく、全体としての社会の方向性を見つめ直し、それに向けて行動を起こすためのきっかけ、動機づけとなり得ます。それぞれの目標は独立していますが、それら全てがつながり合い、共に働きかけることで初めて持続可能な社会が実現するという大きなビジョンの一部でもあります。

6.3 SDGsの課題:アピールしても実態が伴わない「SDGsウォッシュ」

SDGs(持続可能な開発目標)は、地球上の様々な課題に対して私たち全てが取り組むべき目標を示しています。しかしながら、SDGsの考え方が広まるにつれ、一部には「SDGsウォッシュ」という問題が見られます。「ウォッシュ」は、元々「洗う」や「洗浄する」という意味で、ここでは「見せかけの取り組み」を指します。

「SDGsウォッシュ」は、企業がSDGsに取り組んでいるように見せかけて宣伝するだけで、実際にはその背後で具体的な行動を起こしていない状態を指します。これは、企業が自社のイメージ向上やブランド価値の向上のためにSDGsを利用し、実際の社会貢献活動や環境対策などが伴っていないという問題です。

SDGsを達成するためには、ただSDGsに名前を連ねるだけでなく、実際にその目標に向けて具体的な行動を起こし、それによって得られる結果や影響を明らかにすることが重要です。私たち一人ひとりが、自分が関わる組織や企業が本当にSDGsに取り組んでいるのかを見極め、評価することが求められています。

6.4 結局、この時代に企業はどう振る舞えばいいのか

今日、企業は単に利益を追求するだけの存在ではなく、より広い視野で自社の影響を理解し、社会全体の利益に貢献することが求められています。これは、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組むことと密接に関連しています。

まず、企業は自身のビジネスモデルや戦略を見直し、SDGsの目標をそれに組み込むことが重要です。たとえば、製品の製造プロセスを見直して環境負荷を低減したり(目標12:責任ある消費と生産)、女性やマイノリティの役員比率を上げるなどして組織の多様性を高める(目標5:ジェンダー平等)などです。

さらに、企業は自身の取り組みが地域社会や環境にどのような影響を及ぼしているかを定期的に評価し、それを公開することも重要です。これにより、企業は自身の社会的・環境的責任を果たし、ステークホルダー(顧客、従業員、投資家、地域社会など)との信頼関係を強化することができます。

つまり、企業は単なる利益追求から一歩踏み出し、自社の存在がより良い未来を創造するための一部であるという視点を持つことが求められています。これは、企業が長期的に存続し、繁栄するための基礎でもあります。

7.SDGsの現状と今後

7.1 SDGsを取り己く世界の流れ

SDGs(持続可能な開発目標)は、国際社会において共通の目標として認識されています。しかし、SDGsへの理解や取り組みの程度は国や地域、企業、市民の間でまだまだ差があります。それにもかかわらず、将来的にはSDGsがますます重要視されることが予想されています。

まず、国や地域によってはSDGsに関する認識や取り組みの進展が異なります。一部の国や地域では、政府がSDGsを国内政策の中心に据え、具体的な行動計画を策定しています。また、SDGsを地方自治体の政策や開発計画に組み込む取り組みも進んでいます。一方で、他の国や地域ではSDGsへの取り組みがまだ初歩的な段階にあることもあります。

企業においても、一部の大手企業や国際的な企業はSDGsをビジネス戦略に組み込み、具体的な取り組みを進めています。彼らは持続可能なビジネスモデルの構築やサプライチェーンの改善、社会的・環境的な課題に対するイノベーションを通じてSDGsに貢献しています。しかし、まだまだ多くの企業がSDGsに対する理解や取り組みを進める必要があります。

市民も、SDGsへの理解や関心を持ち始めています。特に若い世代はSDGsに対する意識が高く、個人の行動や消費の選択にSDGsを考慮する傾向があります。エコロジー製品の購入やフェアトレード商品の支持など、自分たちの選択がSDGsに貢献することに関心を持っています。

SDGsへの取り組みの差はあるものの、将来的にはSDGsがますます重要視されることが予想されます。持続可能な開発への取り組みは、地球上の課題を解決し、より豊かで平等な社会を築くために不可欠です。国際社会が協力し、共通の目標に向かって取り組むことで、持続可能な未来を実現することができます。

7.2 2020年、「行動の10年」スタート

2020年は国連によって「行動の10年」と位置付けられ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた具体的な行動を呼びかけました。しかし、その後、COVID-19パンデミックが発生し、世界中に大きな影響を与えました。このパンデミックは、社会的・経済的な課題を浮き彫りにすると同時に、SDGsの重要性を一層明確にしました。

COVID-19パンデミックは、世界中で人々の健康、貧困、飢餓、教育、雇用などの課題を引き起こしました。また、社会経済のシステムにも大きな影響を与えました。このような状況の中で、SDGsの目標はより重要性を増し、社会復興の中での方向性を示すものとなりました。

パンデミック後の社会復興では、SDGsの原則と目標を組み込むことが不可欠です。例えば、公衆衛生の強化(目標3)や貧困削減の取り組み(目標1)、持続可能な経済成長の促進(目標8)などが重要となります。また、社会の不平等やジェンダーの問題に取り組むこと(目標5・目標10)や、環境保護(目標13・目標14・目標15)も重要な要素となります。

「行動の10年」は、SDGsの達成に向けて個人、組織、国家が具体的な行動を起こす期間と位置づけられました。パンデミックによる困難な状況を経て、より多くの人々がSDGsへの取り組みの重要性を理解し、行動する機会が生まれました。持続可能な社会を実現するためには、この「行動の10年」を活かし、SDGsの目標に向けて具体的な行動を起こすことが求められます。

7.3 まとめ:もはや海外では「SDGs」という言葉が使われない?

SDGs(持続可能な開発目標)は、現在広く認識され、社会のあり方を大きく変える指針となっています。これは、持続可能な社会の実現に向けた共通の目標を示し、人々の意識や行動に影響を与えています。しかし、近年、実際の言葉としての「SDGs」が使われることは減ってきています。それは、SDGsの精神が当たり前の価値観となり、社会全体に浸透しているからです。

SDGsは、持続可能な開発のための具体的な目標を示していますが、その目標が実現されることは当然とされるようになってきました。社会の中でSDGsの精神が浸透し、持続可能な社会を実現するための価値観が広がっているため、「SDGs」という言葉そのものが使われなくなる傾向があります。

実際には、企業や組織はSDGsの目標を意識しながら、自身のビジョンや目標を設定し、具体的な取り組みを行っています。彼らは、環境への配慮や社会的なインパクトの最小化、社会の公正や包摂性の向上など、SDGsの精神を組み込んだ行動を起こしています。ただし、彼らは「SDGs」という言葉を特に強調せずに、その価値観を実践しているのです。

SDGsが社会の価値観として浸透することは、大きな進展です。それは、SDGsが単なる国際的な枠組みや目標ではなく、社会全体の共通の目指すべき方向性となっていることを意味します。SDGsの精神が当たり前となり、人々の意識や行動の中に浸透することで、より持続可能で公正な社会を築くことができます。

言葉としての「SDGs」が使われなくなる一方で、その精神と目標が社会に浸透していることは、SDGsの成功の一つの指標と言えます。私たちは、SDGsを意識しながら、持続可能な社会の実現に向けて日々の生活や活動を進めていくことが重要です。


8.まとめ

SDGs(持続可能な開発目標)について詳しく探ってきました。SDGsは、持続可能な社会の実現を目指すための国際的な取り組みであり、17の目標を通じて私たちの未来をより良くするための方向性を示しています。

SDGsの重要性は、私たちが地球環境や社会の健全性を保ち、貧困や飢餓、教育格差、ジェンダー平等などの社会的課題に取り組むことが必要であることを示しています。政府、企業、市民、団体など、全ての人々が連携してSDGsの目標を達成するために行動することが重要です。

また、SDGsへの取り組みは私たち一人ひとりの日常生活でも実践できます。エネルギーの節約、リサイクル、フェアトレード製品の選択、ボランティア活動など、小さな行動でもSDGsへの貢献につながります。

私たちの未来をより持続可能で豊かなものにするためには、SDGsへの関心と行動が欠かせません。これからもSDGsの目標に向かって進み、地球と社会に対する責任を果たしましょう。

持続可能な未来の実現に向けて、ぜひSDGsを意識した行動を起こしてください。一人ひとりの取り組みが、大きな変化をもたらすことを忘れずに、SDGsへの貢献を続けていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました