サビキ釣りの楽しみ方【徹底解説】

遊び

「サビキ釣りに挑戦したい」

「簡単に楽しめる釣りを教えて」

こんにちは。釣り歴20年のマーシーです。

今回は誰でも簡単に始められる&簡単に魚が釣れる【サビキ釣り】について書いていこうと思います。

サビキ釣りとは

サビキ釣りは、多くの種類の魚を捕るのに非常に効率的な方法で、子供から大人まで&初心者から上級者まで楽しむことができます。この釣りは、サビキという特殊な釣り具を使用した釣りの一種で、主に小魚を狙った釣り方です。

サビキとは、1本のライン上に複数のフック(通常は5~10個)がついた総称で、各フックには魚を引きつけるためのフェザーやビーズ、フィルムなどが取り付けられています。このサビキの先端に、重りの付いたコマセカゴを取り付け、コマセカゴにコマセ(アミエビ)を入れ水面に沈めます。これにより、多数の魚を一度に釣り上げることが可能になります。

サビキ釣りで釣れる魚は、釣り場や季節、さらにはその日の天候や海の状況によります。しかし、一般的には小魚を主にターゲットとする釣り方で、以下のような魚種がよく釣れます。

・アジ(秋鯖、ホースマッケレル):サビキ釣りで最も一般的に釣られる魚種の一つです。

・サバ(鯖、マッケレル):大きめのサビキを使用すれば、サバを釣ることも可能です。

・イワシ:サビキ釣りでよく釣れ、小さなものから大きなものまで様々なサイズがいます。

・メジナ:主に岩場でよく釣れます。

・ヒイラギ:アジやイワシと同様にサビキ釣りでよく釣れます。

・ベラ:色とりどりの美しい魚で、浅瀬に生息しています。

これらの他にも、キビナ、カワハギ、ソイなどが釣れることもあります。

サビキ釣りに必要な道具

それでは、次にサビキ釣りに必要な道具などをご紹介いたします.

釣り竿(ロッド)】サビキ釣りには専用のサビキ竿がありますが、基本的にどのようなロッドでも問題ありません。ロッドとリールセットで1380円のものも販売されています。やはり安いだけあり長持ちはしませんが、まず始めてみるには十分です。

リール】サビキ釣りでは主にスピニングリールが使用されます。サイズは小~中型が適しています。様々な種類がありますが、まずは安いものから始めてみるのがおススメです。サビキ釣りではそれでも十分です。

サビキ仕掛け】サビキ仕掛けとは、一本のラインに複数(5~8個)のフックと、その間隔を保つためのビーズ、そして最後に鉛錘をつけるためのループがついているものです。フックにはフェザーや蛍光ビーズがついていて、魚を誘います。

コマセカゴ】サビキ仕掛けの末端につけて、仕掛けを海底近くまで沈めます。重さは釣り場の状況によりますが、一般的には10~50gが使われます。

エサ】サビキ釣りで使うエサは狙う魚種によりますが、コマセ(撒き餌さ)にアミエビなどが使われます。匂いが強く、より魚を誘う効果があります。

そのほかにも、水汲みバケツ魚を掴む用のハサミなどがあると便利です。あと忘れてはいけないのが【ライフジャケット】です。安全のために必ず着用するようにしましょう。

サビキ釣りの釣り方

サビキ釣りの釣り方はとても簡単です。必要な技術や知識などはなく、初心者や子供でも簡単に釣りを楽しむ事ができます。

  1. 仕掛けの準備: まず、サビキリグ(サビキ仕掛け)を用意します。これは、一本のラインに複数(通常は5-8個)のフックがついており、各フックにはフェザーやビーズなどの魚を引きつけるための装飾がついています。サビキリグの先端に重りのついたコマセカゴを取り付けます。
  2. 投入: サビキ仕掛けの先端には通常鉛の付いたコマセカゴがついています。このカゴに餌(アミエビ)を入れ、サビキ仕掛けを水中に投げ込みます。仕掛けは鉛の重さによって水面下に沈みます。
  3. 誘引: サビキ仕掛けが水中にある間、ロッドを上下にゆっくり動かして仕掛けを揺らします。これにより、コマセカゴの餌が水中に広がったり、仕掛けの装飾が小魚を模倣して動くことで、ターゲットとなる魚を引きつけます。
  4. 合わせ: 魚がフックにかかったら、ロッドを上に引き上げてフックを確実に刺します。その後、リールを巻き上げて魚を釣り上げます。
  5. 釣り上げ: 一度に複数の魚がかかることもあるため、力任せに巻き上げるとラインが切れる可能性があります。慎重に、でも確実に魚を釣り上げましょう。

本当にこれだけで魚が簡単に釣れます。アジなどの群れに当たれば数十匹のアジが短時間で釣れたりします。

サビキ釣りの楽しめる場所

では最後に、サビキ釣りの楽しめるおススメの場所をご紹介いたします。

【堤防】

堤防は安定した場所で、岸からでも比較的深い水域を狙うことができるため、多種多様な魚を釣ることが可能です。

サビキ釣りは魚の群れを狙うための釣り方で、小魚やベイトフィッシュを主にターゲットにします。これらの魚は海岸沿いや堤防周辺でよく見かけるため、サビキ釣りはこれらの場所に特に適しています。

【漁港】

漁港は魚の活動が活発な場所であることが多く、特に港内や防波堤周辺は小魚が集まるため、サビキ釣りに最適な場所と言えます。

ただし、漁港での釣りには注意が必要です。まず、漁港での釣りが許可されているかを確認することが重要です。一部の漁港では安全上の理由やプライベートプロパティとして、釣りが制限されていることがあります。そのため、釣りをする前に地元の規則や法律を確認することが必要です。

また、漁港は船が出入りする場所であり、その安全を確保するためにも、釣りを行う位置や船舶との安全距離を確保するなどの配慮が必要です。安全な釣りを楽しむためには、周囲の状況を常に確認し、十分な注意を払うことが大切です

【海釣り公園】

海釣り公園はサビキ釣りを楽しむのに非常に適した場所です。海釣り公園は一般的に釣り人が比較的安全に深い水域を狙うことができます。これにより、さまざまな魚種を狙うことが可能となります。

海釣り公園は通常、魚の群れが集まるように設計されており、餌を提供したり、人工的な魚礁を設置したりすることがあります。これにより、サビキ釣りに適した魚種が集まりやすくなります。

また、海釣り公園では通常、トイレや飲食施設、釣具店など、釣りを楽しむための施設が整っています。これらの施設は長時間の釣行を支える上で便利です。

ただし、海釣り公園によっては利用料金が必要な場所もありますし、ルールや規則も設けられています。利用する前にそれらの情報を確認し、ルールを守って釣りを楽しむことが大切です。

まとめ

サビキ釣りの良いところは、特別な技術や経験を必要としないこと、また比較的低コストで始められることです。道具の準備が比較的簡単で、初心者や子供でも楽しめるため、釣りをまず始めてみるのに最適です。

釣れる魚の種類は季節や釣り場所、時間帯によって大きく異なるため、その地域の釣り情報を調べたり、地元の釣り人からアドバイスを得ることが大切です。

また、注意点として、サビキ仕掛けはフックが複数ついているため、取り扱いには十分注意が必要です。フックによるけがなどをしないよう楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました