人生100年時代の生き方

資産運用

「人生100年時代って聞くけどどういうこと」

「どんな準備が必要なの」

こんにちは。マーシーです。

今回は【人生100年時代】とは、どういう意味なのか、今後どのような時代を迎えるのか、について書いていこうと思います。

人生100年時代とは

“人生100年時代”とは、人々の平均寿命が100年近くになるという社会変化を指す概念です。これは、医療技術の進歩、生活水準の向上、食事や運動の意識の高まりなどによって、人々の寿命が延びると考えられています。少し詳しく見てみましょう。

医療技術の進歩: 医療技術は近年飛躍的に進化しています。治療法や薬の開発、手術技術の向上、病気の早期発見と予防につながる診断技術の進歩など、これらの進歩が平均寿命の延長に大いに影響しています。

生活環境の改善: より清潔で安全な水や食品へのアクセス、適切な衛生設備、汚染されていない環境など、生活環境の改善も人間の寿命を延ばす要因です。

栄養状態の向上: 食事の質が向上し、必要な栄養素を摂取することが容易になったことも、健康寿命を延ばす要素となります。

健康的なライフスタイルの普及: 適度な運動、ストレスの管理、禁煙や適度な飲酒など、健康的なライフスタイルが広く認識され、実践されていることも長寿に影響しています。

これらの要素が組み合わさって、人々の平均寿命が100年近くに達する「人生100年時代」が現実的になってきています。ただし、長寿だけではなく、「健康寿命」(健康で自立した生活を送ることができる期間)を延ばすことが重要とされています。それは医療技術、生活環境、ライフスタイル、そして社会環境などの多様な要素によって影響されます。

人生100年時代による影響は


では「人生100年時代」が現実となると、一体我々の生活にどのような変化&影響が起こるのでしょう。以下にその主な変化&影響をいくつか挙げてみます。

キャリアの多様性

100年近く生きるということは、仕事においてもより多くの経験やスキルを持つことができるということです。人々は一つの仕事や業種に一生涯従事するだけでなく、何度もキャリアチェンジをすることが一般的になるかもしれません。

終身学習

さまざまなキャリアを経験するためには、新しいスキルや知識を一生涯学び続けることが必要となります。教育は初等教育や高等教育にとどまらず、一生涯を通じた課題になるでしょう。

健康への意識の高まり

100年近く生きるためには、健康的な生活習慣を維持し、定期的な健康チェックを行い、病気の予防と早期発見に注意を払うことが重要になります。健康状態で長く生きてこそ長寿んも恩恵を最大限受けられるのです。

金融計画の見直し

長寿を前提としたライフプランでは、退職後の生活資金や介護費用、遺産計画など、長期的な金融計画が求められます。また、年金制度の変化にも柔軟に対応する必要があります。

社会参加とボランティア

高齢になっても健康であれば、仕事だけでなく、地域や社会への参加、ボランティア活動なども可能になるでしょう。これにより、充実した老後を過ごすことができるかもしれません。

以上のような変化は、多くのチャンスだけでなく、一方で新たな課題ももたらすでしょう。しかし、個々人がこれらの変化に適応し、可能性を最大限に活用することで、「人生100年時代」をより豊かで有意義なものにすることができるのです。

人生100年時代の働き方の変化

「人生100年時代」では、働き方にも大きな変化が起きることが予想されます。以下にいくつかの特徴とその理由を挙げてみましょう。

長寿と働く期間: 長寿社会では、伝統的な「学び・働く・退職」の3段階からなるライフサイクルが変化します。働く期間が長くなり、一度のみならず何度も新たなキャリアやスキルを獲得することが一般的になるでしょう。これにより、個々の人々は多様な経験と能力を持つことができるようになります。

フレキシブルな働き方: 高齢になっても健康な状態で働き続けるためには、フレキシブルな働き方が重要です。テレワークやリモートワーク、フレックスタイム、パートタイムなど、さまざまな形態の働き方が一般的になるでしょう。

年齢や世代を超えた協働: 世代間の働き手が共存する職場では、年齢や世代を超えた協働が重要となります。若者の新しい視点と経験豊富な高齢者の知識とスキルが共有され、より良い成果を生む可能性があります。

再就職とキャリアチェンジ: 人々が長く働くためには、再就職やキャリアチェンジが一般的になるでしょう。これは、自己の成長と発展、興味や能力に基づく仕事の選択を可能にするでしょう。

これらのように今までとは違い、老後の生活が長くなることに伴い、長い期間働くことが予想されます。働き方に関する従来の規範が大きく変わり、より柔軟で多様な働き方が必要になるでしょう。それぞれの個々の能力や状況、価値観に合わせた働き方の選択が、この新しい時代の特徴となると考えられます。

人生100年時代の心構え

人生が100年に及ぶと考えると、その準備や心構えは今までとは少し異なります。以下にいくつかの考慮事項を提案します。

経済的な安全

退職後の生活を支えるためには、長期的な財政計画が必要です。貯蓄や投資に対する理解を深め、適切な退職計画を立てることが重要です。また、可能なら早い段階で財務アドバイザーと相談することも考えてみてください。

健康と運動

長い寿命を保つためには、健康的なライフスタイルが必要です。定期的な運動、バランスの良い食事、ストレス管理などが含まれます。定期的な健康チェックも重要です。

学び続ける

長寿社会では、スキルや知識を維持し、時代の変化に適応することが求められます。学習を一生の習慣とすることは、あなたが精神的に活発で関与し続けることを可能にします。

人間関係の維持

社会的なつながりは、精神的な健康と幸福感を保つために重要です。家族や友人とのつながりを保ち、新しい友情を築く機会を探し続けることが重要です。

意味ある活動

長寿の一部として、自分自身の価値観や目標に基づいて生活を過ごすことが重要です。ボランティア活動や趣味など、自分自身の情熱を追求することで、あなたの人生は充実感と満足感を得ることができます。

適応性

生活のさまざまな段階で必要となる適応力は、長寿社会でも特に重要です。人生の変化に対応し、新しい状況や課題を受け入れ、それらに対応する能力は、100年時代の生活を成功させるための重要な要素となります。

終末期の計画

人生が100年に及ぶ可能性がある場合、終末期に関する明確な計画が必要です。これには遺言やリビングウィル(生前指示)、エンドオブライフケア(最期の医療)に関する計画などが含まれます。自分の望む生活の終わり方について、家族や医療専門家と話し合うことは重要です。

テクノロジーの活用

高齢になっても独立して生活するためには、テクノロジーの活用が重要です。テクノロジーは日常生活を支え、健康状態の管理、情報へのアクセス、人々とつながる手段を提供します。

メンタルヘルスの管理

長生きすることで、心の健康問題や認知症などのリスクも高まります。メンタルヘルスに関する理解を深め、必要な場合は専門的なサポートを得ることが重要です。

これらの考慮事項は、人生100年時代を迎えるための一部の提案です。個々の人々の状況や価値観によって、その他に重視すべき事項があるかもしれません。しかし、全体として、これらの要素は健康で充実した長寿をサポートするための重要な基礎となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した内容は、人生100年時代に向けての心構えや準備についての一部の提案です。あなた自身の価値観や状況により、さらに他の事項が重要となるかもしれません。そのため、自分自身の生活や目標に対して深く考え、何が最も重要であるかを決定することが、成功した100年時代を迎えるための鍵となります。

タイトルとURLをコピーしました