債券投資の入門ガイド

資産運用

「債券投資について知りたい」

「債券とは?」

こんにちは、マーシーです。

今回は債券投資について書いていこうと思います。

【1. 債券投資入門】

1: 債券とは?

債券を理解する一つの方法は、それを一種の「IOU」(借用証)だと考えることです。例えば、ある会社や政府が資金を必要としているとき、その資金を調達する方法の一つが債券の発行です。この場合、債券発行者(会社や政府)は購入者(投資家)に対し、「あなたが私にお金を貸してくれれば、将来的にその金額+利息を返済します」という約束をします。その証となるのが債券なのです。

2: 債券投資の魅力

債券投資の魅力はいくつかあります。まず一つ目は、定期的な利息収入(クーポン)が得られる点です。投資家は債券を持っているだけで、定期的に利息が支払われます。これは安定した収入源となりうるのです。

二つ目は、債券の期間が発行時に決定され、その期間が満了すると元本が返済される点です。これにより投資のリターンを計画的にすることが可能となります。

そして最後に、債券は市場で自由に売買することができます。つまり、必要に応じて投資を換金することも可能なのです。

3: 債券と株式:どう違う?

債券と株式の違いを理解するためには、投資家がそれぞれ何を購入しているのかを見ると良いでしょう。

債券を購入した場合、投資家は会社や政府から「元本+利息の返済」を受けるという約束を購入しています。これに対して、株式を購入した場合、投資家は会社の一部の所有権を手に入れています。これにより、会社が利益を上げれば配当としてその利益を享受することができますが、会社が赤字を出せばその損失も共有することになります。したがって、株式投資はリターンが大きい反面、リスクも大きいと言えます。

それに対して、債券投資は利息と元本の返済が約束されており、比較的リスクが低いとされています。

4: 債券投資の初歩的な取引流れ

債券投資を始める際の基本的な流れは次の通りです。まず、自分が投資したい債券を選びます。この選択にあたっては、債券の発行者、利息率、満期日などを考慮することが重要です。

選んだ債券を証券会社を通じて購入します。購入した債券からは定期的に利息が支払われます。そして、債券の満期日が来ると元本が返済されます。また、資金が必要になった場合は、市場で債券を売却して換金することも可能です。

【2. 債券の詳細について】

1: 債券価格と金利:なぜ関係があるのか?

金利と債券価格の関係は、天秤のようなものです。一方が動くと、もう一方も必然的に反応します。これは「債券と金利の逆関係」と呼ばれます。金利が上がると債券価格は下がるのです。なぜなら、新たに発行される債券の利回り(利息収入を債券価格で割ったもの)が上がると、既発行の債券の利回りは比較的低く見えるからです。これにより、既発行の債券への需要が減少し、結果として価格が下がります。

逆に、金利が下がると、新たに発行される債券の利回りは下がるため、既発行の債券の利回りが相対的に高く見えます。これが既発行の債券の需要を増やし、結果として価格を上昇させます。つまり、債券の価格は金利の動きによって変動するのです。

2: 債券の種類とそれらを発行する主体

債券は、誰が発行するかという観点から大きく分けると「国債」、「地方債」、「企業債」などがあります。国債は、政府が予算の不足分を補うために発行する債券で、その償還は税収によって保証されます。そのため、リスクが非常に低いとされています。

一方で、企業債は、企業が資金調達のために発行する債券です。企業の財務状況や業績により、リスクは様々です。信用リスクが高い企業は高い利回りを提供することで投資家を引きつけ、信用リスクの低い企業は比較的低い利回りでも投資家が購入します。

3: 新規発行債券と既発行債券の違い

新規発行債券とは、その名の通り、初めて市場に出される債券です。これらは発行者が設定した価格(通常は額面と同額)で初めて投資家に販売されます。

一方、既発行債券は、初めて発行された後で、二次市場(既発行債券が取引される場所)で売買される債券です。既発行債券の価格は市場の需要と供給、すなわち投資家の評価によって日々変動します。

4: 債券の利息支払い方法による分類

債券は、利息をどのように支払うかによっても分類することができます。「クーポン債」は、投資家が期間ごとに利息を受け取ることができる債券で、これが最も一般的な形態です。

一方、「割引債」は、発行時に元本よりも低い価格で販売され、満期時に元本全額が支払われます。そのため、利息は購入価格と元本との差額として投資家に戻ってきます。

5: 残存年数とは?

「残存年数」とは、債券が発行されてから満期になるまでの残りの期間を指す言葉です。例えば、5年物の債券を3年前に購入した場合、その債券の残存年数は2年となります。この残存年数は債券の価格やリスク評価に影響を与えます。一般的に、残存年数が長いほど金利リスクが高まり、債券の価格変動も大きくなる傾向があります。

【3. 債券投資のリスク管理】

1: なぜリスクを理解することが重要なのか?

リスクは投資の世界で避けては通れない要素です。どんな投資にも一定のリスクが存在しますが、そのリスクを理解することで、意思決定がより明確になり、予期しない損失を防ぐことが可能となります。特に債券投資は「安全な投資」とされがちですが、理解しなければならないリスクがいくつか存在します。リスクを理解し、適切に管理することで、投資の成果を最大化し、潜在的な損失を最小化することが可能になります。

2: リスクの種類

債券投資には以下のようなリスクが含まれます。

・信用リスク:これは債券の発行者が経済的困難に直面し、利息や元本の返済ができなくなる可能性を指します。企業の破綻や経済的な下降期には、このリスクは高まります。

・価格変動リスク:市場の金利が変動すると、債券の価格も変動します。金利が上がると、債券の価格は下がり、逆に金利が下がると債券の価格は上がります。これは債券と金利が逆の関係にあるためです。

・為替変動リスク:外国の債券を保有している場合、為替レートの変動により元本や利益が減少する可能性があります。これは、債券の評価額や利息支払いがその国の通貨で行われるためです。

・途中償還リスク:発行者が債券を早期に償還すると、投資家は予定していたより早く元本を受け取ります。しかし、その結果として再投資を行う際には、より低い金利でしか投資できない可能性があります。

3:国内債券と外国債券の取引に関わるリスクと費用

国内債券と外国債券は、それぞれ異なるリスクと費用があります。国内債券は自国の通貨で取引されるため、為替リスクは存在しません。一方、外国債券は外国通貨で取引されるため、為替リスクが存在します。また、外国債券を取引する際には、手数料や取引コストが高くなる可能性があります。これらは取引の利益を圧縮する要因となるため、慎重な評価と理解が必要です。

【4. 債券投資の戦略】

1: 資産運用における債券の役割

債券は、投資家が政府や企業から定期的に利息を得るための一種の貸出契約です。投資家は債券を購入することで、発行者から一定期間にわたり利息を受け取り、最終的には元本を返還されます。この利息収入は安定しているため、投資ポートフォリオ全体のリスクを緩和する効果があります。また、株式などの価格が大きく変動する資産に対して、債券は価格の安定性をもたらします。

2: 株式に比べた債券のリスク

株式と債券は、それぞれ異なるリスクとリターンの特性を持っています。株式は企業の所有権を表し、利益が増えれば配当として収益が上がりますが、企業の業績が悪化すれば価格が下落するリスクもあります。一方、債券は貸し手として定期的な利息収入を得られますが、発行体の信用力が低下すれば価格が下落する可能性もあります。しかし、一般的には、債券のリスクは株式よりも低いとされます。

3: 景気後退時のリスクヘッジとは?

リスクヘッジとは、投資ポートフォリオのリスクを軽減する戦略のことです。景気後退期には、多くの企業の業績が悪化し、株式価格が下落する傾向があります。しかし、このような時期でも政府や信用力の高い企業から発行される債券は価格が安定する、または上昇する傾向があります。そのため、債券は株式投資のリスクをヘッジする役割を果たすことができます。

4: 債券投資をする前に注意すべき点

債券投資を始める前には、まず自分の投資目標を明確にすることが重要です。これは収益の目標、投資期間、リスク許容度などを含みます。次に、債券の種類(国債、企業債、ミュニシパル債など)、その特性、及びリスク(利率リスク、信用リスクなど)を理解することが重要です。

5: 債券投資が必要ないケースとは?

債券投資は安定した収益を追求するものであるため、短期的な大きな利益を目指す投資家や、リスクを取ってでも高いリターンを追求する投資家には必ずしも最適ではないかもしれません。

6: 債券投資をおすすめする人の特徴

債券投資は、投資のリスクを抑えたい人、定期的な収益を得たい人、そして長期的な投資計画を持っている人におすすめです。また、定年退職後の収入源としての投資を考えている人にも、債券は良い選択肢となるでしょう。

【5. 実際の債券投資の方法】

1: 債券投資の具体的な方法

債券投資には、基本的に2つの方法があります。

(1) 直接債券を購入する これは、国や企業などの発行する債券を直接、証券会社や金融機関を通じて購入する方法です。ここでの重要なポイントは、債券の種類やその特性を理解することです。債券には国債、企業債、ミュニシパル債(地方公共団体が発行する債券)など、様々な種類があります。

また、債券の価格は市場の金利の動きと反対に動くという特性があります。つまり、金利が上昇すると債券の価格は下がり、金利が下落すると債券の価格は上昇します。このため、金利動向も注視する必要があります。

(2) 債券投資信託やETFに投資する 債券投資信託やETFは、投資のプロフェッショナルが管理する債券のポートフォリオ(まとめ)に投資する方法です。これらの商品に投資することで、一度に多くの債券に分散投資できます。

債券投資信託やETFを選ぶ際には、それぞれの商品がどの種類の債券にどの程度投資しているか(投資配分)、運用費用(手数料)、運用実績などを確認することが大切です。

2: おすすめの債券投資信託・ETF

具体的な投資信託やETFを推奨することはできませんが、選び方の基準として以下のようなポイントがあります。

  • 信用力の高い発行体の債券に投資しているか:投資信託やETFが投資している債券の発行体が信頼できるものであることは、その商品の安定性を示す重要な指標です。信用評価機関による評価(レーティング)を参照すると良いでしょう。
  • どれだけ多くの債券に分散投資しているか:一つの債券だけに投資するよりも、多くの債券に分散投資することでリスクを抑えることができます。

【人気の債券投資信託・ETF】

・eMAXISslim国内債券インデックス

・eMAXISslim先進国債券インデックス

・【国内】NEXTFUNDS国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信 ②

・【国内】iシェアーズ・コア日本国債ETF

・【米国】iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF(AGG)

・【米国】バンガードトータル債券市場ETF(BND)

・【新興国】iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF(EMB)

・【新興国】バンガード米ドル建て新興国政府債券ETF

3: 債券選びのポイント

債券を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 発行者の信用力:発行者が利息や元本を確実に支払う能力があるかを見るために、信用評価(レーティング)を確認しましょう。
  • 利回り:投資金額に対する年間の収益率を示します。高いほど収益性は高いですが、同時にリスクも高まります。
  • 残存期間:債券が満期になるまでの期間。長いほど利息収入は増えますが、市場の金利動向による価格変動の影響を受けやすくなります。

債券投資は一見複雑に思えますが、これらの基本的なポイントを理解しておけば、初心者でも安心して始めることができます。始める前には、自身の投資目標やリスク許容度を明確にし、適切な債券選びや投資戦略を立てることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました